注目のトピック

再生医療

再生医療で薄毛を改善できるって本当?再生医療の注意点についても徹底解説!

再生医療 薄毛

昨今、医療の分野で注目を集めている再生医療ですが、薄毛の治療も可能というのはご存じでしょうか。 本記事では再生医療と薄毛について以下の点を中心にご紹介します。

  • 再生医療とは
  • 薄毛に対しての再生医療
  • 薄毛に対しての再生医療の注意点

再生医療と薄毛について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

薄毛について

薄毛について

薄毛とはどんな状態のことをいいますか?
薄毛とは、頭髪の量が減少し、地肌が見えてしまう状態を指します。薄毛には二つの主なタイプがあります。 一つは、毛根から抜けてしまい、その部分の髪の毛がなくなり、地肌が見えるようになるタイプです。 もう一つは、髪の毛の本数は変わらないものの、全体的なボリュームが減少し、髪の毛が薄く見えるタイプです。 この状態は、新しい髪の毛が生えて成長し、古くなって抜けるという「ヘアサイクル」の一部として自然に起こります。 しかし、このヘアサイクルが何らかの理由で乱れると、薄毛が進行する可能性があります。 薄毛の原因は多岐にわたり、ホルモンの影響、遺伝的要素、食生活、ストレスなどが考えられます。
脱毛症にはどのような種類がありますか?
脱毛症は、髪の毛が抜けて少なくなる状態や、髪の毛が細く短い毛になる状態を指します。以下に、主な脱毛症の種類をご紹介します。

  • 1. 男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia:AGA):男性ホルモンの影響や遺伝的要素が主な原因で、髪の毛が細く短い毛に置き換わる(軟毛化)現象が進行します。特に20代前半から始まることが多く、頭頂部や前頭部から薄毛が進行します。
  • 2. びまん性脱毛症:主に中年以降の女性に見られ、頭髪全体が均等に薄くなります。年齢の進行、過剰なストレス、極端なダイエット、不適切なヘアケア、ホルモンのバランスが崩れることなどが原因とされています。
  • 3. 円形脱毛症:円形状に毛が抜け落ちる症状が特徴です。自己免疫によるものと考えられており、ストレスが引き金になることもあります。
  • 4. 粃糠(ひこう)性脱毛症(脂漏性脱毛症):皮脂分泌の異常が原因で起こり、毛根の活動が悪くなり脱毛します。
  • 5. 抜毛症(トリコチロマニア):自分で髪の毛を引き抜く癖により生じます。 これらの脱毛症以外にも、膠原病、甲状腺機能亢進症、栄養素や代謝に関する問題、感染性の病気などや、抗がん剤などの薬剤の副作用により脱毛が起こることもあります。

再生医療について

再生医療について

そもそも再生医療とは何ですか?
再生医療は、損傷した臓器や組織の修復に役立つ革新的な医療技術です。この技術の中心には、幹細胞という特殊な細胞があります。 幹細胞は、どの種類の臓器や組織にも変わる可能性を持つ細胞で、これが再生医療の可能性を広げています。 例えば、肝臓のような臓器は、ある程度まで損傷しても自己修復する能力を持っていますが、損傷が深刻になると、その能力は失われます。 このような状況で、再生医療は新たな希望をもたらします。 幹細胞を利用して、損傷した臓器を修復または再生することが可能になります。 現在、再生医療は急速に進化しており、その市場規模は今後数年で大幅に拡大すると予想されています。 特に、複雑な構造を持つ心臓や肝臓、腎臓などの臓器の再生に関する研究が進んでいます。また、毛髪の再生に関する研究も、この広範な再生医療分野の一部として注目を集めています。 再生医療は、これからもさらなる進化を遂げることでしょう。
薄毛に対して再生医療がどのように発毛に関与するのか教えてください。
再生医療は、毛髪の成長と脱毛を制御するヘアサイクルを正常化することを目指しています。 毛髪の成長は、毛包幹細胞と呼ばれる特殊な細胞群によって制御されています。 これらの細胞は、毛髪の根元、バルジ領域に位置しており、細胞分裂を通じて新しい毛髪を生成します。 しかし、これらの細胞が休眠状態になると、毛髪の成長が停止します。 再生医療の一環として、幹細胞が注入され、休眠状態の毛包幹細胞を活性化し、正常なヘアサイクルを再開させることが期待されています。 これにより、毛髪の成長が再開し、薄毛や抜け毛の問題が改善される可能性があります。 また、毛髪は細胞で構成されているため、理論的には再生可能です。 再生医療は、細胞を用いて組織や器官を再生する技術であり、毛髪の再生もその対象となります。 したがって、再生医療は、毛髪の細胞分裂を促進し、毛髪の成長を再開させる可能性があります。 これにより、薄毛や抜け毛の問題が改善される可能性があります。 このように、再生医療は毛髪の再生と薄毛治療に大きな可能性を秘めています。
幹細胞治療と幹細胞培養上清治療の違いを教えてください。
幹細胞治療と幹細胞培養上清治療は、両方とも再生医療の一部であり、健康と美容の改善を目指します。 しかし、これらの治療法は異なるアプローチを採用しています。 幹細胞治療は、体内の特定の細胞を修復または置換するために、幹細胞を直接使用します。これは、幹細胞が自己複製能力を持ち、さまざまな細胞タイプに分化できるためです。 一方、幹細胞培養上清治療は、幹細胞から生成される成長因子やその他の有益な物質を利用します。 この治療法では、幹細胞自体は使用せず、幹細胞が培養中に産生する「上清液」を使用します。 この上清液は、毛髪再生などの治療に使用され、毛包に直接の働きが期待でき、髪の毛の成長を促進します。 したがって、これらの治療法は、同じ幹細胞の力を利用しながらも、その応用方法が異なります。 幹細胞治療は細胞そのものを使用し、幹細胞培養上清治療は細胞が産生する物質を使用します。

再生医療を受ける際の注意点

再生医療を受ける際の注意点

薄毛治療の再生医療はどんな病院でも受けられますか?
毛髪再生治療(幹細胞再生治療)は、近年注目を集めている発毛医療の一つで、AGA(男性型脱毛症)治療の新たな可能性を開くものとされています。 しかし、この治療法を提供している医療機関はまだ限られており、すぐに治療が受けられるわけではありません。 また、この治療は現在も研究段階であり、その副作用や安定性については完全に解明されていないという事実もあります。 したがって、毛髪再生治療を受ける際には、専門の医療機関に相談し、治療方法やリスクについて十分に理解した上で進めることが重要です。
薄毛治療における再生治療に、副作用などはありますか?
繰り返しになりますが、毛髪再生治療(幹細胞再生治療)は、薄毛治療の新たな手法で、幹細胞を活用して発毛を促進します。 この治療法は、自身の脂肪性幹細胞を頭皮に注入し、毛包幹細胞を刺激することで、ヘアサイクルの乱れを正常化し、発毛を促進します。 しかし、毛髪再生治療はまだ研究段階であり、副作用や安定性については完全に解明されていないという事実もあります。また、発症する副作用は、ごくまれに痒みや発疹が表れる程度とされていますが、治療を希望する場合は必ず専門の医療機関に相談し、リスクを把握した上で治療に臨むことが推奨されています。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで再生医療と薄毛についてお伝えしてきました。再生医療と薄毛の要点をまとめると以下の通りです。

    • 再生医療とは、損傷した臓器や組織の修復に役立つ革新的な医療技術で、その市場規模は今後数年で大幅に拡大すると予想されている
    • 薄毛に対しての再生医療は、毛髪の細胞分裂を促進し、毛髪の成長を再開させることが期待されており、これにより、薄毛や抜け毛の問題が改善される可能性がある
    • 薄毛に対しての再生医療を提供している医療機関はまだ限られており、また、現在も研究段階であり、その副作用や安定性については完全に解明されていない

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

京都府立医科大学医学部医学科 卒業 / のべ10年以上の美容皮膚科勤務を経て、現在はくみこクリニック北山院に勤務している。コロナ以前は、大阪医専にて、医療従事者の教育にも関わった経験がある。

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-634