注目のトピック

再生医療

脳卒中の再生医療とは?治療の流れや副作用についても合わせて解説!

再生医療 脳卒中

脳卒中治療の流れや副作用について知っていますか? 本記事では脳卒中と再生医療について下記内容を中心に解説していきます!

  • そもそも脳卒中とは
  • 身体機能の回復と後遺症の克服
  • 脳卒中再生医療に適している方

脳卒中と再生医療について理解するためにもぜひ参考にしてください。 ぜひ最後までお読みください。

そもそも脳卒中とは?

そもそも脳卒中とは?

脳卒中とは、突然脳の血管に障害が起こり、血液の供給を受けられなくなった脳細胞が死んでしまう疾患です。脳血管が詰まる「脳梗塞」、脳血管が破れる「脳出血」、「くも膜下出血」の三つに分けられます。
脳卒中による手足の痺れや麻痺といった身体症状、言語や記憶障害といった高次脳機能障害などの後遺症が生じることから、介護が必要となる原因の第一位となっている疾患です。このような後遺症は、脳卒中の種類や発症部位、重症度などにより異なります。早期の適切な治療とリハビリテーションが重要となります。

脳卒中再生医療で期待できる効果

脳卒中再生医療で期待できる効果

まずは、脳卒中再生医療で期待できる効果について解説します。

身体機能の回復と後遺症の克服

脳卒中の後遺症として、身体機能の障害が見られることがあります。これには、手足の麻痺や痺れ、言語や記憶の障害などが含まれます。これらの後遺症は、患者さんの生活に大きな影響を及ぼし、日常生活の自立を困難にすることがあります。
しかし、適切な治療とリハビリテーションにより、これらの後遺症を克服し、身体機能を回復することが可能です。リハビリテーションは、身体機能の回復を促進し、自立した生活を送るためのスキルを再学習するための重要なプロセスです。
また、再生医療の進歩により、脳卒中の治療に新たな可能性が開かれています。再生医療は、損傷した組織や器官を修復または置換するための医療分野であり、脳卒中の後遺症に対する新たな治療法の開発につながる可能性があります。
それぞれの患者さんに最適な治療法を選択するためには、医師と密接に連携し、個々の症状やニーズに基づいた包括的な治療計画を立てることが重要です。これにより、脳卒中の後遺症からの回復という目標に向けて最善の結果を得られます。

リハビリの力を引き出す

リハビリテーションは、脳卒中の後遺症からの回復において非常に重要な役割を果たします。リハビリテーションは、患者さんが日常生活の自立を取り戻すために必要なスキルを再学習するためのプロセスであり、身体機能の回復を促進します。
リハビリテーションは、以下のような方法でその力を引き出します。

  • 個別化された計画:リハビリテーションプログラムは、患者さんの個々のニーズと目標に合わせてカスタマイズされます。これにより、最大限の効果を得られます。
  • 多職種チーム:リハビリテーションは、物理療法士、作業療法士、言語療法士など、さまざまな専門家から成るチームによって提供されます。これにより、全体的なケアが提供され、患者さんの全体的な回復が促進されます。
  • 継続的なケア:リハビリテーションは一過性のものではなく、長期的なプロセスです。定期的なセッションと継続的なケアにより、持続的な改善が可能となります。
  • 自己管理スキル:リハビリテーションは、患者さんが自分自身の健康とウェルビーングを管理するためのスキルを教えることも含みます。これにより、患者さんは自分自身の回復プロセスに積極的に参加できます。

これらすべてが組み合わさることで、リハビリテーションは脳卒中の後遺症からの回復を最大限に引き出す力を発揮します。それぞれの患者さんが最善の結果を得られるように、医師や治療チームと密接に連携することが重要です。

脳卒中の再発を防ぐ

  • 健康的な生活習慣:バランスの良い食事、定期的な運動、十分な睡眠、ストレスの管理など、健康的な生活習慣を維持することが重要です。
  • 医療的管理:高血圧、糖尿病、高脂血症などの既存の健康問題は、適切に管理することで脳卒中のリスクを低減できます。これには、医師の指示に従って薬を服用したり、定期的に健康状態をチェックしたりすることが含まれます。
  • 禁煙と節酒:タバコは脳卒中のリスクを高めるため、禁煙が推奨されます。また、適度な飲酒が重要であり、過度の飲酒は脳卒中のリスクを増加させます。
  • リハビリテーション:脳卒中後のリハビリテーションは、身体機能を回復し、再発を防ぐためにも重要です。これには、物理療法や作業療法などが含まれます。

これらすべてが組み合わさることで、脳卒中の再発を防ぐ戦略を形成できます。

脳卒中再生医療の治療方法について

脳卒中再生医療の治療方法について

次は、脳卒中再生医療の治療方法についてです。

脳卒中再生医療の治療の流れ

脳卒中の再生医療の治療の流れは以下の通りです。

  • カウンセリング:まず、医師と患者さんが一緒になって、患者さんの症状や治療の目標について話し合います。これにより、最適な治療計画を立てられます。
  • 診察:医師が患者さんの健康状態を詳しく調べます。これには、身体的な検査や必要に応じてさまざまな診断テストが含まれます。
  • 治療:再生医療の治療が行われます。これは、損傷した組織や器官を修復または置換するための医療分野であり、脳卒中の後遺症に対する新たな治療法の開発につながる可能性があります。
  • フォローアップ:治療後は定期的に医師の診察を受け、進行状況を確認します。必要に応じて治療計画を調整することもあります。

脳卒中再生医療の体への負担や副作用

脳卒中の再生医療については、体への負担や副作用については、一般的には大掛かりな治療法と比べると無いに等しいといわれています。再生医療は元々できるだけ患者さんの負担が少なくなるように考えられた治療法であり、自分の体の細胞を採取して自分に投与するため、拒否反応など警戒が必要な副作用の心配も要らないとされています。
ただし、再生医療の具体的な方法や使用する幹細胞の種類により、体への負担や副作用は異なる可能性があります。例えば、骨髄間葉系幹細胞を用いた脳卒中の再生医療では、骨髄穿刺(骨に針を刺す)をすることで採取できます。元々骨髄穿刺は血液の検査などのために従来から広く行われている手技であるため、安全な方法が確立されています。
しかし、全ての治療法には一定のリスクが伴います。そのため、再生医療を受ける前には、医師と十分に話し合い、治療法のメリットとデメリット、可能性のあるリスクや副作用を理解することが重要です。また、治療を受ける前には必ず専門的な医療機関で適切な診断を受けるようにしてください。

どんな人が脳卒中再生医療に適しているのか

どんな人が脳卒中再生医療に適しているのか

上記では脳卒中再生医療についてお話しましたが、ここからは、どんな人が脳卒中再生医療に適しているのかも紹介します。

脳卒中再生医療に適している方

脳卒中の再生医療は、患者の年齢や病状により、その適応が異なる可能性があります。再生医療は、神経の元になる細胞を使用して、脳神経の修復再生を試みるもので、麻痺の根本原因である脳の神経組織の損傷に対処する能力があるため、脳卒中後の麻痺に対する治療法として有望視されています。
しかし、具体的な適応条件や効果は、使用する幹細胞の種類や治療法、患者の具体的な病状などにより異なる可能性があります。そのため、再生医療を受ける前には、医師と十分に話し合い、治療法のメリットとデメリット、可能性のあるリスクや副作用を理解することが重要です。
また、再生医療を受ける前には必ず専門的な医療機関で適切な診断を受けるようにしてください。具体的な治療法や適応条件については、直接医師にご相談ください。

脳卒中再生医療が難しい方

脳卒中の再生医療は、患者の病状や体調により、その適応が異なる可能性があります。再生医療は、神経の元になる細胞を使用して、脳神経の修復再生を試みるもので、麻痺の根本原因である脳の神経組織の損傷に対処する能力があるため、脳卒中後の麻痺に対する治療法として有望視されています。
しかし、具体的な適応条件や効果は、使用する幹細胞の種類や治療法、患者の具体的な病状などにより異なる可能性があります。そのため、再生医療を受ける前には、医師と十分に話し合い、治療法のメリットとデメリット、可能性のあるリスクや副作用を理解することが重要です。
また、再生医療を受ける前には必ず専門的な医療機関で適切な診断を受けるようにしてください。具体的な治療法や適応条件については、直接医師にご相談ください。

脳卒中再生医療は保険適用される?

脳卒中再生医療は保険適用される?

現在のところ、脳卒中に対する再生医療は保険適用されていない治療となっており、治療自体は自費診療になります。医療保険や高度先進医療保険の適用もございませんが、医療費控除は適用されます。ただし、治療実績が着実に蓄積される中、保険適応や先進医療としての認定が期待されています。先進医療となればそれをカバーする民間の保険も利用できるようになります。

脳卒中の予防と再生医療の関係

脳卒中の予防と再生医療の関係

再生医療は脳卒中の予防にも関係があります。以下で見ていきましょう。

脳卒中の予防方法

脳卒中の予防には、以下のポイントが重要となります。

  • 高血圧の管理:血圧が高い状態が続くと、脳卒中のリスクが高まります。適切な血圧管理を行うことが重要です。
  • 糖尿病の管理:糖尿病も脳卒中のリスクを高める要因となります。血糖値の管理をしっかり行いましょう。
  • 不整脈(心房細動)の対策:心房細動は、心臓に血栓ができやすくなる状態で、これが脳に運ばれると脳卒中を引き起こす可能性があります。
  • 喫煙の禁止:喫煙は血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。これにより、脳卒中のリスクが高まります。
  • 適度な飲酒:過度の飲酒は健康に悪影響を及ぼします。適度な飲酒を心掛けましょう。
  • 高コレステロール血症の対策:高いコレステロール値も脳卒中のリスクを高めます。食事や運動によるコレステロール値の管理が必要です。
  • 塩分・脂肪分控えめの食事:塩分や脂肪分の多い食事は、高血圧や肥満を引き起こし、それが脳卒中のリスクを高めます。
  • 適度な運動:適度な運動は、全身の血流を良くし、健康的な体重を保つために重要です。
  • 肥満を避ける:肥満は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こし、それらが脳卒中のリスクを高めます。

これら全てが脳卒中予防に役立ちます。ただし、これら以外にも年齢など改善できないリスク因子も存在します。そのため、定期的な健康診断で自身の健康状態を把握し、医師と相談しながら最適な予防策を考えることが大切です。

脳卒中の予防と再生医療

脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破れて出血したりする病気で、その結果、麻痺や言語障害、意識障害などの症状が出現します。脳卒中を予防するためには、生活習慣の改善が重要です。具体的には、以下の4つのポイントを心掛けることが推奨されています。

  • 30代から自分の血圧を知り、コントロールする
  • 塩分控えめの食生活と、コレステロールを減らす
  • 仕事を離れてリラックスできる趣味を持つ
  • 適度な運動を行う。 また、40歳になったら脳ドックを受診し、脳の健康状態を常に把握することも重要

ただし、再生医療はまだ発展途上の分野であり、全ての治療法が確立されているわけではありません。そのため、具体的な治療法やその期待できる効果については、専門的な医療機関や医師に相談することが重要です。

まとめ

まとめ

ここまで脳卒中と再生医療についてお伝えしてきました。 脳卒中と再生医療についてまとめると以下の通りです。

  • 脳卒中とは、突然脳の血管に障害が起こり、血液の供給を受けられなくなった脳細胞が死んでしまう疾患
  • 脳卒中の後遺症として、身体機能の障害が見られることがある
  • 脳卒中の再生医療は、患者の年齢や病状により、その適応が異なる可能性がある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
甲斐沼 孟医師(上場企業産業医)

甲斐沼 孟医師(上場企業産業医)

平成19年(2007年) 大阪市立大学(現:大阪公立大学)医学部医学科 卒業 平成21年(2009年) 大阪急性期総合医療センター 外科後期臨床研修医 平成22年(2010年) 大阪労災病院 心臓血管外科後期臨床研修医 平成24年(2012年) 国立病院機構大阪医療センター 心臓血管外科医員 平成25年(2013年) 大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科非常勤医師 平成26年(2014年) 国家公務員共済組合連合会大手前病院 救急科医員 令和3年(2021年) 国家公務員共済組合連合会大手前病院 救急科医長 令和5年(2023年) TOTO関西支社健康管理室産業医

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
甲斐沼 孟医師(上場企業産業医)

平成19年(2007年) 大阪市立大学(現:大阪公立大学)医学部医学科 卒業 平成21年(2009年) 大阪急性期総合医療センター 外科後期臨床研修医 平成22年(2010年) 大阪労災病院 心臓血管外科後期臨床研修医 平成24年(2012年) 国立病院機構大阪医療センター 心臓血管外科医員 平成25年(2013年) 大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科非常勤医師 平成26年(2014年) 国家公務員共済組合連合会大手前病院 救急科医員 令和3年(2021年) 国家公務員共済組合連合会大手前病院 救急科医長 令和5年(2023年) TOTO関西支社健康管理室産業医

  1. 人工関節に変わる新しい膝の治療方法とは?再生医療のメリットや種類について解説

  2. 人工関節のデメリットは?治療法の詳細や人工関節を使わない治療法まで解説

  3. 変形性膝関節症とO脚の関係性とは?知っておきたい治療と予防

注目の記事

RELATED

PAGE TOP