注目のトピック

再生医療

再生医療によってスポーツ外傷は治る?再生医療とスポーツ外傷の関係や注意点について徹底解説!

再生医療 スポーツ

スポーツ外傷に対する再生医療をご存じですか? 本記事では、スポーツ外傷に対する再生医療について以下の点を中心にご紹介します!

  • 再生医療及びスポーツ外傷の概要
  • 再生医療とスポーツ外傷の関係
  • スポーツ外傷に対する再生医療の注意点

スポーツ外傷に対する再生医療について理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

再生医療とスポーツ外傷の概要

再生医療とスポーツ外傷の概要

スポーツ外傷とは何ですか?
スポーツ外傷とは、スポーツや運動中に起こる急性の身体損傷のことです。スポーツ外傷には、骨折や脱臼、捻挫や打撲、筋肉や靭帯の損傷などがあります。スポーツ外傷は、過度な負荷や衝撃、不適切な動作や姿勢、器具や環境の問題などが原因で起こります。 スポーツ外傷の症状には、痛みや腫れ、炎症や出血、可動域の制限や機能障害などがあります。スポーツ外傷の診断には、問診や視診、触診や動作検査などの臨床検査や、レントゲンやMRIなどの画像検査が行われます。
再生医療とは何ですか?
再生医療とは、細胞や組織、器官などの機能を回復させることで、病気や障害を治療する医療技術の総称です。再生医療の目的は、従来の治療法では改善が見られないか、副作用が大きいか、供給が不足している場合に、新しい治療法として期待されるものです。
スポーツ外傷の一般的な治療法は何ですか?
スポーツ外傷の処置および治療法は以下の通りです。応急処置:スポーツ外傷が起こった場合、まずは応急処置をすることが重要です。応急処置には、以下の4つの手順があります。
①安静にすることで、患部に負担をかけないようにします。
②冷却することで、炎症や出血を抑えます。氷や冷水などを使って、患部を冷やします。
③圧迫することで、腫れや出血を防ぎます。包帯やタオルなどで、患部を適度に巻きます。
④挙上することで、血液の流れを改善します。患部を心臓より高い位置に持ち上げます。

薬物治療:応急処置の後、痛みや炎症を和らげるために、薬物治療をすることがあります。薬物治療には、以下の2つの種類があります。
①内服薬とは、飲み薬や錠剤などの形で服用する薬です。消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などがあります。
②外用薬とは、塗り薬や貼り薬などの形で患部に直接塗る薬です。消炎鎮痛剤や血行促進剤などがあります。

補助具の使用:薬物治療の後、患部の安定化や保護のために、補助具を使用することがあります。補助具には、以下の3つの種類があります。

①テーピング:テープやバンドなどを使って、患部を固定したりサポートしたりする方法です。関節や筋肉の動きを制限したり、姿勢や動作を正したりします。
②固定具:スプリントやギプスなどを使って、患部を完全に固定する方法です。骨折や脱臼などの場合に用いられます。
③装具:松葉杖や車椅子などを使って、患部に負担をかけないようにする方法です。歩行や移動の際に用いられます。

リハビリテーション:補助具の使用の後、患部の機能回復や再発予防のために、リハビリテーションをすることがあります。リハビリテーションには、以下の2つの種類があります。
①物理療法とは、温熱や電気、超音波などの物理的な刺激を使って、患部の血行や代謝を改善する方法です。痛みや炎症を和らげたり、筋肉や靭帯の柔軟性を高めたりします。
②運動療法とは、ストレッチングや筋力トレーニングなどの運動を使って、患部の可動域や筋力を回復する方法です。関節や筋肉の動きを改善したり、姿勢や動作を矯正したりします。

手術:リハビリテーションの後、患部の損傷が重度であったり、他の治療法では改善が見られなかったりする場合に、手術をすることがあります。手術には、以下の2つの種類があります。
①開放手術とは、切開や鋸切りなどを使って、患部を直接見ながら治療する方法です。骨折や脱臼の整復や固定、筋肉や靭帯の縫合などが行われます。
②内視鏡手術とは、内視鏡と呼ばれる細い管状の器具を使って、患部を間接的に見ながら治療する方法です。関節や筋肉の損傷の修復や除去などが行われます。

再生医療とスポーツ外傷の関係

再生医療とスポーツ外傷の関係

再生医療はスポーツ外傷の治療にどのように使用されますか?
再生医療とは、細胞や組織、器官などの機能を回復させることで、病気や障害を治療する医療技術の総称です。スポーツ外傷とは、スポーツや運動中に起こる急性の身体損傷のことです。スポーツ外傷には、骨折や脱臼、捻挫や打撲、筋肉や靭帯の損傷などがあります。再生医療は、スポーツ外傷の治療において、新しい治療法として期待されています。
再生医療には、大きく分けて3つの種類があります。細胞移植療法:患者さん自身や他人から採取した細胞を培養して増やし、損傷した部位に移植することで、機能を回復させる治療法です。例えば、膝の半月板や軟骨の損傷に対して、軟骨細胞や幹細胞を移植する方法があります。

組織工学:細胞と人工的な材料を組み合わせて、組織や器官に似た構造を作り、移植することで、機能を回復させる治療法です。例えば、腱や靭帯の損傷に対して、コラーゲンやポリマーなどの材料に細胞を付着させて、人工的な腱や靭帯を作る方法があります。

遺伝子治療:病気の原因や治療に関係する遺伝子を細胞に導入することで、病気の予防や治療する方法です。例えば、血管の新生を促す遺伝子を筋肉に導入することで、血流の改善を目指した血管再生療法があります。

再生医療は、スポーツ外傷に対してどのような効果が期待されていますか?
再生医療により、スポーツ外傷の治療において以下の内容が期待されています。患部の機能回復:再生医療は、患者さん自身の細胞や組織を使って、損傷した部位の機能を本来の状態に近づけられます。例えば、軟骨細胞や幹細胞を移植することで、膝の半月板や軟骨の損傷を修復したり、コラーゲンやポリマーなどの材料に細胞を付着させて、人工的な腱や靭帯を作ったりできます。

拒絶反応や感染のリスクの低減:再生医療は、患者さん自身の細胞や組織を使うことで、拒絶反応や感染のリスクを低減できます。例えば、自己軟骨細胞移植法では、患者さん自身の軟骨細胞を培養して移植することで、拒絶反応や感染のリスクを減らせます。

代替的な治療法としての利用:再生医療は、従来の治療法では改善が見られないか、副作用が大きいか、供給が不足している場合に、代替的な治療法として利用できます。例えば、血管再生療法では、血管の新生を促す遺伝子を筋肉に導入することで、血流の改善を目指します。これは、従来の治療法では改善が見られず手術も行えない重度の閉塞性動脈硬化症に対して、新しい治療法として期待されています。

再生医療を用いた治療では痛みをコントロールできますか?
痛みは、身体の損傷や炎症などの刺激が神経に伝わって脳に感じられる現象です。痛みには、急性痛と慢性痛の2種類があります。急性痛は、身体の異常を知らせる警告信号としての役割があります。慢性痛は、身体の異常が治っても続く痛みで、神経の過敏化や脳の変化などが原因で起こります。
再生医療は、細胞や組織、器官などの機能を回復させることで、病気や障害を治療する医療技術です。再生医療を用いた治療では、痛みの原因となる身体の損傷や炎症を修復したり、痛みの伝達や感受性を調節したりすることで、痛みをコントロールできると期待されています。例えば、軟骨細胞や幹細胞を移植することで、膝の関節痛を改善したり、血管の新生を促す遺伝子を筋肉に導入したりすることで、血流の改善による痛みの軽減を目指します。

再生医療の注意点

再生医療の注意点

再生医療を用いたスポーツ外傷治療のリスクは何ですか?
スポーツ外傷治療における再生医療では、以下のリスクに注意しましょう。感染や拒絶反応のリスク:再生医療を用いた治療では、患者さん自身や他人から採取した細胞を培養して移植することが多いです。この場合、細胞の採取や培養、移植の過程で、感染や拒絶反応のリスクがあります。感染とは、細菌やウイルスなどの病原体が細胞や患部に侵入して病気を引き起こすことです。拒絶反応とは、移植された細胞が自分のものと認識されず、免疫系が攻撃して炎症や壊死を起こすことです。感染や拒絶反応のリスクを低減するためには、細胞の採取や培養、移植において、無菌的な環境や技術を確保することや、適切な免疫抑制剤の使用などが必要です。

腫瘍化や異常分化のリスク:再生医療を用いた治療では、幹細胞や遺伝子を使って、細胞や組織の機能を回復させることがあります。この場合、腫瘍化や異常分化のリスクがあります。腫瘍化とは、移植された細胞が制御不能に増殖して、良性や悪性の腫瘍を形成することです。異常分化とは、移植された細胞が本来の機能とは異なる細胞に変化して、患部の構造や機能に影響を与えることです。腫瘍化や異常分化のリスクを低減するためには、移植する細胞の品質や安定性、機能性を保証することや、移植後の経過観察や評価することが必要です。

コストや保険の問題:再生医療を用いた治療では、細胞の採取や培養、移植などに高度な技術や設備が必要です。このため、コストが高くなることがあります。また、再生医療を用いた治療は、まだ臨床試験や研究開発の段階であり、安全性や有効性が確認されているものは少ないです。このため、保険の適用がないか、自己負担が高くなることがあります。コストや保険の問題を解決するためには、再生医療を用いた治療の効果や必要性を証明することや、政府や医療機関などの対策や支援を拡充することが必要です。

再生医療を用いた治療法は保険でカバーされますか?
再生医療を用いた治療法は、まだ臨床試験や研究開発の段階であり、安全性や有効性が確認されているものは少ないです。このため、保険の適用は、以下の基準と条件によって決まります。厚生労働省が承認した再生医療製品であること
保険診療の適用範囲に含まれる病気や障害であること
保険診療の適用方法に従って行われること
保険診療の適用料金に収まること

保険の適用の基準と条件を満たす再生医療を用いた治療法の例としては、以下のものがあります。

自己軟骨細胞移植法:患者さん自身の軟骨細胞を培養して移植することで、膝の半月板や軟骨の損傷を修復する治療法です。
自己骨髄液細胞注入法:患者さん自身の骨髄液から採取した細胞を注入することで、膝の変形性関節症を改善する治療法です。
これらの治療法は、厚生労働省が承認した再生医療製品であり、保険診療の適用範囲に含まれる病気や障害であり、保険診療の適用方法に従って行われることが条件となります。また、保険診療の適用料金に収まることが必要です。保険の適用の基準と条件を満たさない再生医療を用いた治療法の例としては、以下のものがあります。

血管再生療法:血管の新生を促す遺伝子を筋肉に導入することで、血流の改善を目指した治療法です。
間葉系幹細胞移植療法:患者さん自身や他人から採取した幹細胞を培養して移植することで、損傷した部位の機能を回復させる治療法です。
これらの治療法は、厚生労働省が承認していない再生医療製品であり、保険診療の適用範囲に含まれない病気や障害であり、保険診療の適用方法に従って行われないことが多いです。また、保険診療の適用料金に収まらないことが多いです。
再生医療を用いた治療法は、保険の適用の基準と条件によって異なります。このため、再生医療を用いた治療法を受ける場合には、事前に保険の適用の確認と相談することが重要です。保険の適用の確認と相談には、以下の方法があります。

医療機関に問い合わせることで、再生医療を用いた治療法の内容や費用、保険の適用の有無や範囲などを確認できます。
保険会社に問い合わせることで、再生医療を用いた治療法の保険適用条件や手続き、自己負担の金額などを確認できます。
再生医療相談センターに問い合わせることで、再生医療を用いた治療法の情報を得られます。

保険適用の今後と注意点:再生医療を用いた治療法は、今後もさらなる研究や開発が進められることで、保険適用される可能性があります。しかし、保険適用されるかどうかは、厚生労働省の承認や判断によって決まります。そのため、保険適用されるという保証はありません。また、保険適用される場合でも、自己負担の割合や上限額などが異なる場合があります。そのため、再生医療を用いた治療法を受ける場合は、事前に医師や医療機関に相談し、保険適用の有無や内容を確認することが必要です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまでスポーツ外傷に対する再生医療についてお伝えしてきました。 スポーツ外傷に対する再生医療の要点をまとめると以下の通りです。

  • スポーツ外傷とはスポーツや運動中に起こる急性の身体損傷のことを指し、また再生医療とは、細胞や組織、器官などの機能を回復させることで病気や障害を治療する医療技術のことをいう
  • スポーツ外傷に対する再生医療では、患部の機能回復、拒絶反応や感染のリスクの低減、代替的な治療法としての利用が期待されている
  • スポーツ外傷に対する再生医療では、感染や拒絶反応、また腫瘍化や異常分化のリスク、そしてコストや保険の問題があるため事前に医療機関に相談することを推奨する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
甲斐沼 孟医師(上場企業産業医)

甲斐沼 孟医師(上場企業産業医)

平成19年(2007年) 大阪市立大学(現:大阪公立大学)医学部医学科 卒業 平成21年(2009年) 大阪急性期総合医療センター 外科後期臨床研修医 平成22年(2010年) 大阪労災病院 心臓血管外科後期臨床研修医 平成24年(2012年) 国立病院機構大阪医療センター 心臓血管外科医員 平成25年(2013年) 大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科非常勤医師 平成26年(2014年) 国家公務員共済組合連合会大手前病院 救急科医員 令和3年(2021年) 国家公務員共済組合連合会大手前病院 救急科医長 令和5年(2023年) TOTO関西支社健康管理室産業医

記事をもっと見る
  • この記事の監修医師
  • 他の監修記事
甲斐沼 孟医師(上場企業産業医)

平成19年(2007年) 大阪市立大学(現:大阪公立大学)医学部医学科 卒業 平成21年(2009年) 大阪急性期総合医療センター 外科後期臨床研修医 平成22年(2010年) 大阪労災病院 心臓血管外科後期臨床研修医 平成24年(2012年) 国立病院機構大阪医療センター 心臓血管外科医員 平成25年(2013年) 大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科非常勤医師 平成26年(2014年) 国家公務員共済組合連合会大手前病院 救急科医員 令和3年(2021年) 国家公務員共済組合連合会大手前病院 救急科医長 令和5年(2023年) TOTO関西支社健康管理室産業医

  1. 人工関節に変わる新しい膝の治療方法とは?再生医療のメリットや種類について解説

  2. 人工関節のデメリットは?治療法の詳細や人工関節を使わない治療法まで解説

  3. 変形性膝関節症とO脚の関係性とは?知っておきたい治療と予防

注目の記事

RELATED

PAGE TOP