注目のトピック

再生医療

再生医療におけるタンパク質とは?これからの可能性について徹底解説!

再生医療 タンパク質

再生医療におけるタンパク質を知っていますか?本記事では、再生医療におけるタンパク質について以下の点を中心にご紹介します。

  • 再生医療とタンパク質の役割
  • 再生医療におけるキーとなるタンパク質
  • タンパク質を活用した再生医療の可能性

再生医療におけるタンパク質について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

再生医療とタンパク質の役割

再生医療とタンパク質の役割

タンパク質ベースの治療法とは、どのようなものがありますか?
タンパク質ベースの治療法は、特定のタンパク質の機能不全や欠損を対象とする革新的なアプローチです。ジストロフィンの欠損が主要な問題として挙げられるDMD(Duchenne Muscular Dystrophy)の治療法は、大きく2つの方向性に分かれます。
まず、ジストロフィンの欠損を直接的に補う治療法が挙げられます。エクソン・スキップ、ストップコドン・リードスルー技術、ウイルスベクターを使用した遺伝子治療、iPS細胞移植、そしてゲノム編集技術の応用がこれに該当します。ただし、ジストロフィンの遺伝子が複雑で大きいため、治療法の開発は困難を伴っています。
一方、ジストロフィンの欠損による筋肉の損傷を対象とする治療法も研究されています。抗炎症剤や抗酸化剤を使って筋肉の変性や炎症反応を抑制し、フォリスタチン増強やカルシウム代謝調整、さらに線維化抑制などの方法で筋肉の健康を維持・増強するアプローチが考えられます。
現在、これらの治療法の多くは研究段階にあり、継続的な研究と臨床試験が必要ですが、DMD患者さんの生活の質を向上させる可能性が秘められています。
タンパク質は再生医療においてどのような役割を果たしていますか?
疾患の発症や体調の変化は、タンパク質の質や量の変動と密接に関わっています。B型肝炎ウイルスやヒト免疫不全ウイルスのような感染症の検査から、健康状態の監視まで、医療現場での多くの判断がタンパク質の解析に基づいて行われています。現在知られているタンパク質は、8万から40万種類にも及ぶとされ、まだ全容が明らかになっていない部分も多いとされています。
近年、ゲノム研究が大きな進展を遂げる中、タンパク質に対する注目度も高まっています。抗原・抗体検査技術や質量分析技術の進展に伴い、タンパク質の潜在的な可能性を活用しようとする研究が全世界で進められています。再生医療においても、このタンパク質の役割は今後更に重要となることは間違いありません。
再生医療に利用されるタンパク質について教えてください。
再生医療の先進において、タンパク質の綿密な動きとその仕組みの解析は中心的な役割を果たしています。理化学研究所の研究チームは、細胞の運動を制御するDOCK5というタンパク質が、ELMO1というタンパク質の支援を受け、Gタンパク質Rac1を活性化する仕組みを高度なクライオ電子顕微鏡法を用いて明らかにしました。
細胞の動きは、免疫応答や神経の成長、さらにはがんの転移など、身体の多岐にわたるプロセスに深く関わっています。この動きは、DOCK、ELMO、Racのタンパク質間の複雑な相互作用によって制御されています。特に、DOCKファミリータンパク質は細胞内での活動においてELMOタンパク質との結合が欠かせません。この細胞の動きの制御機構を解明することで、がん細胞の浸潤や転移を阻止する新しい治療法の開発へとつながる可能性があるのです。
この発見は、既存の治療法の改善や新しい治療法の開発に寄与するものと期待されます。特に、がんの進行に関わる細胞の動きを制御するための治療法の発展には、この研究が大きな一歩となるでしょう。

再生医療におけるキーとなるタンパク質

再生医療におけるキーとなるタンパク質

再生医療において、タンパク質の安定性はありますか?
再生医療の進展において、タンパク質の役割と安定性は不可欠です。2014年に世界初となるiPS細胞を用いた移植手術が成功し、その後の研究でタンパク質の新たな側面が明らかにされています。特に、細胞の培養・増殖に必要なWntタンパク質は、その水に溶けない特性から、研究が難航していました。
しかし、最近の発見で、アファミンというタンパク質がWntタンパク質と結合し、それを水溶化することが判明しました。これにより、血清や界面活性剤を使用せずに、Wntタンパク質を培養液中で安定に保持することが可能となりました。アファミンはヒトの体内にも存在するため、免疫反応のリスクが低く、iPS細胞を使った医療への応用が一層現実的になりました。
そして、19種類存在するWntタンパク質に関する未解明な部分の研究も促進されることで、再生医療の新しい扉が開かれることが期待されます。安定したタンパク質の確保は、再生医療の成功をより確実なものにするための鍵となります。
何が「再生医療におけるキーとなるタンパク質」とされるのですか?
再生医療の分野における進展を象徴するタンパク質「Wnt」の革命的な研究が、大阪大学蛋白質研究所の高木淳一教授のグループによって明らかにされました。Wntは幹細胞の維持や増殖に欠かせない要素であるが、従来はその精製や保存が難しいものとされていました。しかし、高木教授のグループは、アファミンというヒトの血液中のタンパク質とWntが結合することを発見し、その結果、添加物なしでのWntの調製と保存が実現しました。
この発見は、再生医療の研究を大きく前進させる可能性があります。特に、細胞培養の効率と安定性の向上が期待される中、アファミンとWntの複合体は、新しい医療の扉を開くキーとなるでしょう。このタンパク質結合のメカニズムにより、以前は水に溶けないとされていたWntの扱いが容易になり、医療研究の障壁が取り除かれることが期待されます。
最終的に、この研究は再生医療における未知の分野の探求と、新しい治療法の開発への道を大きく広げるものとして、世界中の医学者や研究者から注目されています。
タンパク質に基づく治療と細胞ベースの治療は、どのように異なりますか?
遺伝子導入療法とゲノム編集は、ともに疾患の治療や体の機能の改善を目指す近年の革命的な技術です。遺伝子導入療法は、異常な遺伝子の機能を補完するため、正常な遺伝子や機能的な遺伝子を細胞に導入する方法を指します。これに対して、ゲノム編集は、細胞内の特定のDNA配列を特定して変更する技術で、代表的なツールとしてCRISPR-Cas9が知られています。
これらの技術の実施には「ベクター」という運び屋が必要です。ウイルス由来のベクターは、遺伝物質を細胞に効率的に取り込む能力を持ちますが、リスクも伴います。一方、ナノ粒子などの新しい技術はウイルスを使用しないため、目的に合った効果が向上する可能性があります。
今後の遺伝子治療の発展に向け、より良い治療方法の確立が求められており、遺伝子治療とゲノム編集は、医療の未来を大きく変える可能性を秘めています。

タンパク質を活用した再生医療の可能性

タンパク質を活用した再生医療の可能性

タンパク質ベースの治療法は現在、臨床でどのように利用されていますか?
タンパク質ベースの治療法は、多くの疾患の根本的な原因を対象としており、近年、注目を浴びています。特にアルツハイマー型認知症(AD)に関する治療法の進化は注目に値します。ADは、中高年に発症する進行性の認知症で、高齢者の認知症の中で最も一般的な疾患です。
ネプリライシンというタンパク質分解酵素がアミロイドβペプチド(Aβ)の分解に関与していることが明らかとなり、ジアゾキシドという既存の薬がAβ病理への治療効果が期待できると示されました。ジアゾキシドは、新たなAD治療薬としてのポテンシャルが期待されています。
一方で、アデュカヌマブという新しい抗体医薬がFDAに承認されましたが、コストの問題が指摘されています。そのため、ジアゾキシドのような低コストの代替薬が求められています。
今後の研究では、ネプリライシンの活性を調節するメカニズムや他の影響因子の探索が進められることでしょう。このような取り組みを通じて、ADを始めとする難治性疾患の新しい治療法が開発されることを期待しています。
タンパク質の再生医療応用の今後を教えてください。
タンパク質の再生医療への応用は、近年の医療分野で注目されるトピックとなっています。シスメックスのホ氏は、その先端を行く一人として、その夢として「タンパク測定技術のグローバル展開」を挙げています。新型コロナウイルス感染症の重症化リスク判定や肝臓の線維化診断に役立つ試薬の提供など、同社は一貫して医療の進化に貢献してきました。特にアジアを中心に技術展開を進めており、全世界の臨床現場での導入を目指しています。
さらに、心血管疾患の新たな診断・治療法や、アルツハイマー型認知症の早期診断技術の確立にも注力しています。これらは、タンパク質の測定技術を活用したシスメックスのオープンイノベーションの一環としての取り組みです。ホ氏は、タンパク質の可能性を広く一般にも伝え、多くの人々の健康に貢献したいとの意欲を示しています。
特定のタンパク質が体のどの部分の再生や治療に役立つのですか?
タンパク質は生命現象の中心に位置し、さまざまな生体反応を制御します。その中でも、DOCK5やELMO1といった特定のタンパク質は、細胞の動きやシグナル伝達に深く関わります。これらのタンパク質が注目されるのは、細胞の運動や病気との関連性にあるからです。
DOCK5は、Racタンパク質の活性化を促進し、細胞の運動やアクチン細胞骨格の形成に関与します。このようなメカニズムは、がん細胞の浸潤や移動の際に特に重要となるため、治療のターゲットとしての可能性があります。一方、ELMO1は、細胞の「足場」として働き、複数のタンパク質と結合することで、細胞内のシグナル伝達を調節します。
さらに、先端技術としてクライオ電子顕微鏡法を駆使することで、これらのタンパク質の立体構造や機能を詳細に解析できるようになりました。この知識は、医薬品開発の礎となるだけでなく、生物の基本的な働きを理解するための鍵となります。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで再生医療におけるタンパク質についてお伝えしてきました。再生医療におけるタンパク質の要点をまとめると以下の通りです。

  • タンパク質ベースの治療法は、「ジストロフィンの欠損を直接的に補う治療法」と「ジストロフィンの欠損による筋肉の損傷を対象とする治療法」がある
  • アファミンとWntの複合体は、新しい医療の扉を開くキーとなる
  • 新型コロナウイルス感染症の重症化リスク判定や肝臓の線維化診断に役立つ試薬の提供などに貢献しており、全世界の臨床現場への技術の導入を目指している

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
松澤 宗範医師(青山メディカルクリニック院長 慶応義塾大学病院形成外科)

松澤 宗範医師(青山メディカルクリニック院長 慶応義塾大学病院形成外科)

2014年3月 近畿大学医学部医学科卒業 2014年4月 慶應義塾大学病院初期臨床研修医 2016年4月 慶應義塾大学病院形成外科入局 2016年10月 佐野厚生総合病院形成外科 2017年4月 横浜市立市民病院形成外科 2018年4月 埼玉医科総合医療センター形成外科・美容外科 2018年10月 慶應義塾大学病院形成外科助教休職 2019年2月 銀座美容外科クリニック 分院長 2020年5月 青山メディカルクリニック 開業

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-634