注目のトピック

再生医療

再生医療でたるみは改善できるの?肌がたるむ原因などを解説します!

再生医療 たるみ

再生医療でたるみは改善できるのでしょうか。 本記事では再生医療とたるみについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 肌がたるむ原因
  • 再生医療におけるたるみ改善
  • 肌の再生医療で期待できる効果

再生医療とたるみについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

肌のたるみの原因

肌のたるみの原因

たるみの原因は何ですか?
たるみは多くの人が抱える肌の悩みの一つで、加齢と共に目立ちやすくなりますが、それだけが原因ではありません。特に、乾燥、紫外線、筋肉の衰えが、たるみの主な原因とされています。乾燥は、肌のハリや弾力を低下させる元凶です。肌が乾燥すると、保水成分であるコラーゲンやヒアルロン酸の量が減少し、たるみやシワが出現しやすくなります。外部からの保湿ケアは、この乾燥を防ぐキーとなります。次に、紫外線は肌老化の大きな要因として知られています。紫外線が肌に当たると、深い層である真皮層のコラーゲンやエラスチンが破壊され、肌のサポート機能が失われ、たるみが進行するリスクが高まります。この状態は「光老化」とも呼ばれ、適切な紫外線対策は必須です。また、筋肉の衰えも大きな要因です。顔の表情筋が衰退すると、顔の輪郭がたるみ、老けた印象を与えがちです。筋肉のエクササイズやストレッチは、この衰えを和らげるための良い方法です。
以上の要因を知り、適切なケアを日常に取り入れることで、健康的な肌を維持し、たるみの進行を遅らせることが期待できます。
肌のハリや潤いを保つ成分は何ですか?
人の肌は外部からの刺激や環境の変化に対応して私たちを守っています。その肌の健康や若々しさを保つためには、いくつかの重要な成分が不可欠です。まず、コラーゲンとエラスチンです。これらは、肌の深い部分に存在し、ハリや弾力の源となるたんぱく質の線維です。年齢を重ねることで減少しがちなこれらの成分は、肌の若々しさやプルプルとした感触を保つためには欠かせません。次に、ヒアルロン酸が挙げられます。この成分は、肌の内部で大量の水分を保持する役割を果たしています。ヒアルロン酸のおかげで、肌は潤いを保ち、しっとりとした触感を維持できます。しかし、加齢や外的要因により、これらの成分が減少すると、肌のハリや潤いが失われ、たるみやシワが目立つようになってしまいます。肌の健康を保つためには、これらの成分を意識的に補給し、ケアを心がけることが重要です。
肌がたるみやすい人の特徴を教えてください。
顔の形状には、意外にも肌のたるみやすさが関連していることをご存知ですか?いくつかの顔のタイプには、特有のたるみやすさの特徴があります。
まず、「丸顔」の方は、顔の脂肪が豊富なため、加齢とともにその脂肪が下方に垂れやすくなることが知られています。特に頬の脂肪が下がることで、ブルドッグのような表情になりやすく、ほうれい線や顎の下のたるみも目立ち始めるでしょう。
次に、「逆三角形」の顔の持ち主は、エラの部分の筋肉、特に咬筋の発達が劣ることから、顔のたるみを感じやすくなります。この顔形は、細い顎が特徴で、それがたるみを一層際立たせることとなります。
そして、「面長」の方は、エラが目立たないため、筋肉の支えが弱く、肌のたるみが目立ちやすくなります。さらに、このたるみが縦の長さを強調し、実際の年齢より老けて見える原因となることもあります。 これらの顔の特徴を知ることで、自らのたるみ対策を適切に行う一助となるでしょう。

再生医療におけるたるみ改善

再生医療におけるたるみ改善

再生医療でたるみが改善できるメカニズムを教えてください。
肌のハリや弾力を取り戻すために「真皮線維芽細胞」の増加を活用します。真皮線維芽細胞は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンといったお肌のハリや弾力をサポートする成分を生成します。再生医療によって真皮線維芽細胞の数が増加すると、これらの成分の生成も増え、お肌に必要なハリや弾力が取り戻されます。結果として、たるみが改善され、お肌が若々しくみずみずしくなります。このメカニズムは、加齢や乾燥によって失われた肌の要素を再生し、お肌をリフレッシュさせるものです。再生医療を通じて、自身の細胞を活かし、たるみの改善と若返りを実現することが可能となります。
たるみ改善の線維芽細胞療法について教えてください。
線維芽細胞治療法は、線維芽細胞を活性化し、肌の若々しさを取り戻すことを目的としています。まず、患者さん自身の線維芽細胞を、耳の裏などの目立たない部位から採取します。その後、これらの細胞は専門の機関で培養され、増殖させられます。最後に、培養された線維芽細胞が、たるみやしわが気になる部分に再び注入されます。
この治療の鍵となるのは、線維芽細胞自体を活性化し、新しいコラーゲンやヒアルロン酸を生成させることです。これにより、肌は再び弾力性を取り戻し、たるみが改善され、しわも軽減されます。さらに、このアプローチは自然な方法で年齢肌の問題を解決するため、自然な美しさを保つことに貢献します。線維芽細胞療法は、ご自身の細胞を使って肌の健康を改善します。細胞を採取する際は皮膚切開しますが、目立たない部位から採取するため傷が目立つリスクは少ないです。
たるみ改善のPRP療法について教えてください。
PRP治療法は、患者さん自身の血液からPRP(血漿中の成長因子が豊富に含まれている部分)を取り出し、肌のたるみが気になる部分に注入します。PRPに含まれる成長因子は、コラーゲンの生成を促進し、細胞の活性化をサポートします。結果として、肌のハリと弾力が向上し、たるみが改善されます。この治療は自然な方法で肌をリフレッシュし、多くの人々に支持されています。ただし、個々の状態に合わせて治療計画が調整されるため、専門家のアドバイスを受けることが大切です。

肌の再生医療で期待できる効果

肌の再生医療で期待できる効果

老化の進行は抑えられますか?
移植された肌細胞による治療を通じて、老化の進行を抑えることが期待できます。これらの肌細胞は、患者さん自身の肌に定着し、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成とメンテナンスを開始します。肌細胞の数量が増加することにより、肌の機能が向上し、老化の兆候を遅らせられます。この治療は、移植された肌細胞が肌の本来の働きをサポートするため、働きは非常に自然に変化します。肌細胞が定着し、活性化されるまでの時間は個人差がありますが、その時間は持続的で、肌の若々しさを維持するのに役立ちます。
期待できる効果はどれくらい持続しますか?
移植された肌細胞は、自身の肌細胞と一体化し、必要な成分を供給しつづけます。しかし、老化は避けられないものであり、肌細胞も時間の経過とともに減少していきます。通常、持続期間は2〜3年とされています。肌の再生医療は根本的な治療であり、期待できる効果が完全に消えることはありません。ただし、老化を遅らせるためには、1年から1年半ごとにメンテナンス(追加移植)がおすすめされています。これにより、持続が維持され、肌の若々しさが保たれます。また、肌細胞の保管が行われている場合、いつでも若い肌細胞を移植することが可能です。しかし持続期間は個人差があるため、専門家との相談を通じてメンテナンススケジュールを決定することが大切です。
肌の再生医療で期待できることはなんですか?
肌の再生医療は、年齢とともに起こる肌トラブルを改善し、若い頃の肌状態に戻すことが期待されています。この治療では、幹細胞の移植により、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、タンパク質の生成を促進します。年齢によるシワ、シミ、たるみなどの加齢現象が改善され、肌にハリと弾力が戻り、潤いのある若々しい肌が取り戻せます。同時に、老化の進行を遅らせる効果も期待されます。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで再生医療とたるみについてお伝えしてきました。 再生医療とたるみの要点をまとめると以下の通りです。

  • たるみの主な原因としては、乾燥・紫外線・筋肉の衰えが挙げられる
  • 再生医療によって真皮線維芽細胞の数が増加すると、これらの成分の生成も増え、お肌に必要なハリや弾力が取り戻せる
  • 肌の再生医療は、年齢とともに起こる肌トラブルを改善し、若い頃の肌状態に戻す効果が期待されている

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
松澤 宗範医師(青山メディカルクリニック院長 慶応義塾大学病院形成外科)

松澤 宗範医師(青山メディカルクリニック院長 慶応義塾大学病院形成外科)

2014年3月 近畿大学医学部医学科卒業 2014年4月 慶應義塾大学病院初期臨床研修医 2016年4月 慶應義塾大学病院形成外科入局 2016年10月 佐野厚生総合病院形成外科 2017年4月 横浜市立市民病院形成外科 2018年4月 埼玉医科総合医療センター形成外科・美容外科 2018年10月 慶應義塾大学病院形成外科助教休職 2019年2月 銀座美容外科クリニック 分院長 2020年5月 青山メディカルクリニック 開業

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP