注目のトピック

再生医療

再生医療のデメリットとは?再生医療のメリットやクリニックの選び方も合わせて解説!

再生医療 デメリット

再生医療のデメリットやクリニックの選び方はご存知ですか? 本記事では再生医療のメリットやクリニックの選び方について下記内容を中心に解説します!

  • 再生医療とは
  • 再生医療のデメリット
  • 箇再生医療を受けるクリニックの選び方

再生医療のデメリットやクリニックの選び方について理解するためにも参考にしてください。 ぜひ最後までお読みください。

再生医療とは?

再生医療とは?

そもそも再生医療とはどのような治療なのでしょうか?以下で詳しく解説します。

再生医療で使用される幹細胞

再生医療は、元々私たちの体に存在する細胞の再生能力を利用して、傷ついた組織や失われた機能を元通りに戻すことを目的とした医療技術です。再生医療で使用される幹細胞には主に3つの種類があります。

体性幹細胞:私たちの身体の中に存在する幹細胞で、死んだ細胞を補充したり、損傷した組織を再生する機能を持っています。特定の組織にしか分化しないと考えられています。
ES細胞(胚性幹細胞):受精卵から作られる幹細胞で、あらゆる種類の細胞に分化する能力を持っています。
iPS細胞(人工多能性幹細胞):皮膚細胞などの体細胞に特定の遺伝子を加えて培養した幹細胞で、ES細胞と同様にあらゆる種類の細胞に分化する能力を持っています。

これらの幹細胞はそれぞれ異なる特性と利点がありますが、全てが再生医療の可能性を広げ、新たな治療法を開発するための重要なツールとなっています。ただし、再生医療はまだ発展途上の分野であり、全ての治療法が確立されているわけではありません。そのため、具体的な治療法やその効果については、専門的な医療機関や医師に相談することが重要です。

再生医療による副作用

再生医療は、患者自身の細胞を使用して治療を行うため、一般的には大きな副作用は報告されていません。しかし、全く副作用がないわけではありません。再生医療の一つである幹細胞治療の最も一般的な副作用は痛みです。体内に戻される幹細胞が急激に関節に入ると、関節内がその衝撃に耐えられず、患部に痛みや腫れが出現することがあります。しかし、これらの症状は数日で落ち着くことがほとんどです。
再生医療は最先端の医療技術であり、新しい治療法を開発する可能性を秘めています。しかし、それはまだ発展途上の分野であり、全ての治療法が確立されているわけではありません。そのため、具体的な治療法やその効果、副作用については、専門的な医療機関や医師に相談することが重要です。

再生医療で期待できる効果

再生医療は、人間が持つ細胞や再生能力を利用して、病気を治す医療のことです。再生医療のメリットは、大きく3つ挙げられます。

さまざまな疾患の根本的治療が可能:再生医療は、病気やケガによって本来の役割を果たせなくなってしまった身体の組織や臓器を、人間の細胞がもっている自然に再生する力を生かして、ふたたびもとのように働ける状態にするものです。従来の治療であれば、機能が失われた組織・臓器に対して薬を投与したり手術で患部を切除したり、他の人の臓器や人工臓器をそのまま移植して置き換えたりしますよね。対して再生医療は、細胞自らが再生する力によって機能を回復させる「根本治療」なのです。
拒絶反応や副作用がない、または低減される:再生医療の中でもES細胞やiPS細胞を用いた場合は拒絶反応のリスクがあります。しかし、多くの再生医療では患者自身の細胞をいったん取り出し、体外で培養してから患者に移植するため、自分の細胞を取り入れるのであれば、拒絶反応は起こりません。
患者の身体に負担がかからない(低侵襲治療):再生医療は、患者の身体にかかる負担も最小限に抑えられるのもメリットです。従来の治療法では何時間にもおよぶ手術で身体に大きくメスを入れたり、患部を切除したりすることで、治療後の患者の身体にダメージが残ります。一方で再生医療の場合、患者の体から細胞を採取する際にも小さな傷でごく少量の組織を採取することでダメージを最小限に抑えられます。

これらのメリットにより、再生医療は従来の治療法では完治が難しい難病にも有効であり、手術による患者の負担や拒絶反応の苦しみなどのリスクも低いのが、再生医療の特長です。ただし、再生医療はまだ発展途上の分野であり、全ての治療法が確立されているわけではありません。そのため、具体的な治療法やその効果については、専門的な医療機関や医師に相談することが重要です。

再生医療のデメリット

再生医療のデメリット

再生医療にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?以下で見ていきましょう。

保険適用外のため治療費が高額

再生医療は、患者自身の細胞を使用して治療を行うため、一般的に現在までに大きな副作用は報告されていません。しかし、全く副作用がないわけではありません。再生医療の一つである幹細胞治療の最も一般的な副作用は痛みです。体内に戻される幹細胞が急激に関節に入ると、関節内がその衝撃に耐えられず、患部に痛みや腫れが出現することがあります。しかし、これらの症状は数日で治ることがほとんどです。
再生医療は最先端の医療技術であり、新しい治療法を開発する可能性を秘めています。しかし、それはまだ発展途上の分野であり、全ての治療法が確立されているわけではありません。そのため、具体的な治療法やその効果、副作用については、専門的な医療機関や医師に相談することが重要です。

再生医療の効果は100%ではない

幹細胞再生治療の効果には個人差があります。どのような治療法や薬にも、その効果の感じ方に個人差があるように、幹細胞再生治療にも同じことが言えます。したがって、再生医療の効果が100%とは限らないことを理解することが重要です。治療の結果は、患者の体質、病状、治療のタイミングなど、さまざまな要素によって左右されます。そのため、治療を受ける前に、医師と十分に話し合い、期待する結果とリスクを理解することが必要です。

再生医療のメリット

再生医療のメリット

ここでは再生医療のメリットについて詳しく解説していきます。

副作用が少ない

幹細胞再生治療は、患者への負担が少ないというメリットがあります。その理由は、メスを用いた外科的な治療法や、抗がん剤などの身体に副作用をもたらす可能性の高い薬物の投与を行わないからです。これは、治療が身体に及ぼすストレスを軽減し、回復期間を短縮する可能性があるという意味です。しかし、全ての治療法にはリスクが伴いますので、治療を受ける前に医師と十分に話し合い、期待する結果とリスクを理解することが重要です。

治療にかかる時間が短い

幹細胞再生治療の一つのメリットは、治療時間が短いことです。具体的な治療の流れは以下の通りです。

患者の体内から幹細胞を採取します。
採取した幹細胞を4週間〜6週間ほど培養します。
増えた幹細胞を患者の体内に戻します。

このプロセスは、注射器を使用して行われるため、比較的短時間で治療が完了します。しかし、全ての治療法にはリスクが伴いますので、治療を受ける前に医師と十分に話し合い、期待する結果とリスクを理解することが重要です。

膝への人工関節術を避ける手段としての再生医療

膝への人工関節術を避ける手段としての再生医療

幹細胞による再生医療は、人工関節手術を避ける可能性のある手段として注目されています。特に、膝の痛みや機能障害を引き起こす膝関節症の治療において、再生医療は有望な選択肢となり得ます。
再生医療は、患者自身の幹細胞を使用して、損傷した組織や器官を修復または再生することを目指します。これにより、人工関節手術のような侵襲的な手術を避け、自然な治癒プロセスを促進することが可能となります。
しかし、全ての患者が再生医療の候補者であるわけではありません。治療の適応は、患者の健康状態、病状の重さ、年齢などにより異なります。そのため、治療を受ける前には医師と十分に話し合い、期待する結果とリスクを理解することが重要です。

再生医療を受けるクリニックの選び方

再生医療を受けるクリニックの選び方

再生医療を受けるクリニックを選ぶ際どのようなことに注意するべきなのでしょうか? 以下でポイントをご紹介します。

厚生労働省への届出がある医療機関を選ぶ

再生医療を受ける際には、厚生労働省への届出がある医療機関を選ぶことが重要です。これは、医療機関が国の基準を満たし、適切な設備と専門知識を持っていることを示しています。また、厚生労働省への届出がある医療機関では、治療の安定性が確認されています。そのため、再生医療を受ける際には、必ず厚生労働省への届出がある医療機関を選ぶようにしましょう。これにより、良い治療結果を得ることが期待できます。

経験がある医療機関を選ぶ

医療機関を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

専門分野の医療機関:特定の疾患を専門としている医療機関は、その疾患の経験が多く、経験豊富な専門スタッフが揃っていることが多いです。

これらの情報を元に、自分の状況に適した医療機関を選べます。ただし、最終的な選択は医療機関との相性や自身の直感にも左右されることがあります。必ずしも症例数が多い医療機関が全ての人にとって適切とは限らないため、自分自身のニーズと状況を考慮に入れることが重要です。また、医療機関を選ぶ際には、診療時間、診療曜日、医療スタッフの対応なども考慮に入れると良いでしょう。

十分に理解できるまで説明を受ける

医療機関が決まった後、十分に理解できるまで説明を受けることは非常に重要です。以下にそのためのポイントをいくつか挙げてみます。

質問を準備する:診察前に自分が理解したい点をリストアップしておくと良いでしょう。これには病状の詳細、治療法の選択肢、リスクと副作用、治療の期間と費用、生活習慣の変更などが含まれます。
専門用語の説明を求める:医師が専門用語を使って説明することがあります。理解できない場合は、一般的な言葉での説明を求めることが重要です。
二人三脚の意識:医師と患者が共に治療に取り組む「二人三脚」の意識を持つことが大切です。医師からの説明だけでなく、自分の気持ちや不安を医師に伝えることも重要です。
セカンドオピニオンを求める:自分の病状や治療法について十分に理解できない場合、または自分の治療方針に自信が持てない場合は、セカンドオピニオンを求めることも一つの選択肢です。

これらのポイントを心に留めて、自分の健康についての理解を深められます。医療は専門的な分野ですが、自分の体のことなので、納得のいくまで説明を求めることが大切です。

まとめ

まとめ

ここまで再生医療のデメリットやクリニックの選び方についてお伝えしてきました。 再生医療のデメリットやクリニックの選び方についてまとめると以下の通りです。

  • 再生医療は、元々私たちの体に存在する細胞の再生能力を利用して、傷ついた組織や失われた機能を元通りに戻すこと
  • 幹細胞再生治療の効果には個人差があり、どのような治療法や薬にも、その効果の感じ方に個人差がある
  • 再生医療を受ける際には、厚生労働省への届出がある医療機関を選ぶことが重要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
松澤 宗範医師(青山メディカルクリニック院長 慶応義塾大学病院形成外科)

松澤 宗範医師(青山メディカルクリニック院長 慶応義塾大学病院形成外科)

2014年3月 近畿大学医学部医学科卒業 2014年4月 慶應義塾大学病院初期臨床研修医 2016年4月 慶應義塾大学病院形成外科入局 2016年10月 佐野厚生総合病院形成外科 2017年4月 横浜市立市民病院形成外科 2018年4月 埼玉医科総合医療センター形成外科・美容外科 2018年10月 慶應義塾大学病院形成外科助教休職 2019年2月 銀座美容外科クリニック 分院長 2020年5月 青山メディカルクリニック 開業

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP