注目のトピック

再生医療

幹細胞を使った若返り治療の現状とは?費用や効果について解説!

歳を取ると一度は若返りを夢見る方は多いのではないでしょうか。
未来には誰もが簡単に若返ることが可能かもしれないと長らく思われてきましたが、もしそれが現実になっていたらどうでしょうか。
実は現在、人間が持つ幹細胞を使って若返ることが可能な治療法が存在しています。しかも、その治療法は副作用の心配もなく、安全に受けることができると言われています。この夢のような治療法が何であるのか、その費用や効果について詳しく解説していきます。

幹細胞と若返り治療の基本

幹細胞とは何ですか?

幹細胞とは、人間の体内に常に存在し、新しい細胞を生成する細胞のことを指します。
幹細胞は「自己複製能」、つまり同じ細胞を複製する能力と、「分化能」、異なる種類の細胞に変わる能力を持っています。
この二つの能力により、骨、皮膚、筋肉など、人間の体を構成する様々な細胞が作られています。

人間の体内の細胞は常に入れ替わっています。
皮膚や血液などは新しい細胞が生まれ、古い細胞が置き換えられます。
そのため、昨年と今年では同じ人間でも体を構成する細胞は異なっています。
この細胞の更新があるため、体に傷がついても再生したり、病気から回復したりします。

人間が成長したり、老化したりするのは当然のことと感じられるかもしれませんが、これらもまた細胞の更新による現象です。
これらはすべて幹細胞の働きによるものと言えるでしょう。
私たちが普段意識していないだけで、幹細胞は常に体内で働き、細胞の変化や分裂を繰り返しています。

また、血液などの特別な細胞を作る幹細胞のことを組織幹細胞と呼ばれています。
近年の研究進展により、歯髄や脂肪骨髄などに存在する組織幹細胞が、軟骨や神経などの異なる細胞に分化する能力を持つことが明らかになりました。
この研究結果によって、難病の治療だけでなく、若返りへの応用も可能であることが知られるようになりました。

幹細胞を使った若返り治療とは何ですか?

近年の研究により、幹細胞を利用した若返りやアンチエイジングに注目が集まっています。
これは外見の美を追求するのではなく、文字通り身体の内側からの若返りを目指す治療法です。
幹細胞は自己複製能と分化能という特性を有し、これを利用して細胞を修復することが可能です。治療に活用すると、皮膚の老化防止や毛髪の減少抑制が可能となり、結果として若返りの状態を実現します。
特に、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する繊維芽細胞の生成において、この幹細胞は重要な役割を果たします。年齢を重ねた肌に細胞を移植することで肌細胞を増やし、老化現象が起こる前の状態へと戻します。

この治療法では、まず体から幹細胞を採取し、それを培養して増殖させます。その後、体に戻すというプロセスを経ます。元気になった幹細胞が体内に戻ることで、1〜2年かけて徐々に肌を再生させていきます。
気づいた頃にはしわのない若々しい肌を取り戻すことができるでしょう。


最後に、虫歯や歯周病の予防には、定期的な歯科健診が非常に重要です。歯科医師による専門的な検診やクリーニングは、歯の健康維持に欠かせないものであり、歯並びを良好に保つためにも定期的に受けることが必要です。

幹細胞を使った若返り治療の現状

現在、一般人が受けられる幹細胞を使った若返り治療はありますか?

幹細胞を利用した治療としては、通常、幹細胞治療と幹細胞培養上清液療法が挙げられます。
しかし、幹細胞培養上清液療法には、名前に「幹細胞」という言葉が含まれているにも関わらず、実際には幹細胞が含まれていません。これは幹細胞を培養して得られた物質を使用した治療法であり、厳密には幹細胞自体を用いているわけではありません。

一方、幹細胞治療は厚生労働省の認可を受けた特定認定医療等委員会が許可した医療機関でしか行うことができません。
基本的に誰でも治療を受けることは可能ですが、幹細胞治療は専門の許可を得た医療機関でしか提供されておらず、また、治療費も高額になります。
しかし、この治療法は自分自身の細胞を使用するため、移植治療に伴うような副作用はほとんどありません。

この治療法は肌の根本的な機能を自然に、ゆっくりと時間をかけて若返らせます。これは美容手術などとは全く異なるアプローチで、安全に若返り治療を受けることが可能です。
実際に治療を受ける際には、専門的な認可を受けているクリニックなどを調べ、そこで治療を受けることをおすすめします。

幹細胞を使った若返り治療はどのくらいの費用がかかりますか?

幹細胞治療は最先端の再生医療であり、非常に高度な医療技術が必要です。
様々な難病にも適用される可能性があるだけでなく、人類が古来から追求してきた若返りを実現することができる治療法です。

そのため、現時点では治療費はかなり高額です。
厚生労働省が認めている、特定認定再生医療等委員会からの審査を受けた上で認められなければ幹細胞治療は行えません。
厳しい基準をクリアする必要があるため、治療費も高騰しています。
一般的な相場としては数100万〜1500万円はすると言われています。
これほど高額な治療費が必要なため、誰もが気軽に受けられる治療ではありません。

稀に保険が適用されることもありますが、それは特別な状況に限られています。
基本的には自由診療であり、単純な若返りやエイジングケアといった目的での治療は、全額自己負担が一般的です。
クリニックによっては比較的安価に治療を提供しているところもあるようですが、それでも数100万は必要と考えておいた方がいいでしょう。

幹細胞を使った若返り治療の効果とリスク

幹細胞を使った若返り治療の効果はどの程度期待できますか?

幹細胞を利用した若返り治療は、様々な肌の悩みを解消する可能性があります。
具体的には、小じわ、ハリの低下、たるみ、ほうれい線などに対する改善が期待できます。
老化に伴い肌に現れるこれらの症状を解消するだけでも、若返りが実現したと言えるでしょう。

肌の悩みが生じる原因として、コラーゲン不足があります。
体内のコラーゲンが減ることで肌の弾力が失われ、様々な肌の悩みへと繋がっていきます。

幹細胞を用いた治療は、新たにコラーゲンを生成することができると言われています。
化粧品などと違い、肌の外部からではなく内部からアプローチし、自然な形での若返りを体験できます。
肌の見た目の問題が解消されると、自分自身や他人から見ても若返ったと感じるでしょう。特に知らない人からは実年齢よりも若く見られる可能性もあります。
幹細胞治療は最先端の再生医療なので、肌の再生にも有効と言える可能性が高いでしょう。

幹細胞を使った若返り治療にはどのようなリスクがありますか?

基本的に、幹細胞を使った治療には副作用や重大なリスクは少ないと言われています。自身の細胞を使用するため、感染症やアレルギー反応も心配ありません。よく聞くiPS細胞のガン化についても心配する必要はありません。

ただし、体の一部から細胞を取得する必要があるため、その部位に小さな傷ができたり、多少の痛みを感じることがあります。注射針による内出血や、麻酔をした際の中毒症状が出る可能性もあります。

しかし、これらは幹細胞治療自体が引き起こす症状とは直接的な関係はなく、副作用というよりは治療に伴う一時的な反応と言えるでしょう。
一つのリスクとして挙げるなら、幹細胞治療は自由診療であるため、高額な医療費が必要となることです。治療を受ける前には、この点を覚悟しておく必要があります。

 

編集部まとめ

近年、幹細胞を使った若返りの治療が話題になっています。
人間が昔から探し求めてきた若返りの夢を、科学と医療が現実につなげてきました。
最先端の再生医療として位置づけられる幹細胞治療は、難病治療の可能性を拡げるだけでなく、体の内側からの若返りという、従来の美容治療とは一線を画したアプローチが注目されています。
現時点ではどうしても高額な治療費がかかりますが、それを補って余りある効果が期待できると言えるでしょう。
大きな副作用の心配が少ない安全な治療法なので、興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

参考文献

この記事の監修歯科医師
山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

京都府立医科大学医学部医学科 卒業 / のべ10年以上の美容皮膚科勤務を経て、現在はくみこクリニック北山院に勤務している。コロナ以前は、大阪医専にて、医療従事者の教育にも関わった経験がある。

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-634