注目のトピック

再生医療

aga治療の効果は?一般的な治療の効果や再生医療を用いた治療の効果まで紹介

aga治療の効果は?一般的な治療の効果や再生医療を用いた治療の効果まで紹介

AGAは男性型脱毛症といい、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる進行性の脱毛症です。治療を望むのであれば、専門クリニックでの治療がおすすめ。治療については、一般的な投薬治療、注入療法や植毛のほか、再生医療を用いた新しい治療法もできています。それぞれ特徴や費用も異なりますので、自分に合った治療方法を選ぶと良いでしょう。こちらの記事では、AGA治療の種類やその内容、効果について解説します。

aga治療について

aga治療について AGAはホルモンバランスが乱れることで起きる脱毛症のひとつです。近年では専門クリニックも増え、一般的に広く知られるようになってきました。名前は知っていても、実際のAGA治療とはどのようなものなのでしょうか。AGA治療について知っていきましょう。

aga治療とはどのようなものですか?
AGA治療とは、一般的には内服薬や外用薬などによる薬の作用によって、AGAの進行を抑制して発毛を促す治療のことです。AGAは男性ホルモンであるテストステロンが頭皮の5αリダクターゼと結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)が産出されることが根本原因。このDHTの産生を抑制する作用を持つ成分が入った内服薬の服用や、毛根への栄養を供給しやすくするための血管拡張作用を持つ外用薬を用いて、AGAにアプローチします。投薬治療のほかにも、注入療法、植毛、再生治療も治療方法として選択できます。
aga治療は自分でできますか?
AGA治療は自力で治すことは難しいでしょう。専門の医療機関で適切な治療を受けることをおすすめします。 ただし、栄養バランスの偏りや生活習慣の乱れが原因の薄毛や抜け毛であれば、自力での改善も見込めます。バランスの良い食事、適度な睡眠や運動、規則正しい生活を心がけることが大切です。

aga治療の種類

AGA治療には投薬治療以外にも種類があります。代表的な治療方法をご紹介しますので、自分に合った治療内容を選択しましょう。

aga治療にはどのようなものがありますか?
内服薬治療では、プロペシア(フィナステリド)が多く用いられます。プロペシアにはAGAの根本原因となるDHTの産出を抑制する作用があります。ザガーロ(デュタステリド)も多く用いられる内服薬のひとつ。ザガーロもDHT産出を抑制する作用を持ち、プロペシアで効果が薄かった場合など、代替役として使用されることが多い薬です。 外用薬治療には、ミノキシジルが用いられます。

ミノキシジルは、血管拡張作用が主効能の外用薬。毛根への栄養供給ルートである毛細血管を広げることで、毛根に栄養を届けて髪の毛が成功しやすい環境を作る治療です。なお、ミノキシジルには内服薬もあります。 注入療法とは、発毛因子を頭皮に注入して毛根を活性化させる治療方法のこと。発毛メソセラピーとHARG療法の2種類があり、それぞれ薬液と注入方法によって区別されています。 植毛は、自分の毛根を採取して薄毛部分に移植する治療方法です。後頭部に毛包が残っている場合に施術を受けることができます。投薬治療などで改善が見込めない状況の場合に選択されることが多い治療法です。

aga治療ごとのメリットについて教えてください
内服薬治療に用いられるプロペシアやザガーロは、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制してヘアサイクルを正常化させて抜け毛を減らします。抜け毛を減らす効果のほか、ヘアサイクルの正常化も期待できます。 外用薬のミノキシジルは、発毛や髪の成長を促進する作用があると言われています。頭皮に直接塗布することで、毛母細胞が刺激されて細胞分裂が活発化。頭頂部や前頭の薄毛に対して高い効果を発揮します。

発毛と髪の毛の成長を促進できるのはミノキシジルのメリットと言えるでしょう。 注入療法は、発毛因子を頭皮に注入することで、毛根を活性化させて発毛を促します。短期間で効果が感じられる点や、痛みがない点、施術時間も数分と簡単に治療できる点も大きなメリット。内服薬や外用薬と合わせて行うことで、より早く効果が感じられるでしょう。 植毛は、末期症状となっている場合でも、後頭部に毛包が残っている場合に施術可能です。自毛を移植すれば拒絶反応が起こりにくく、仕上がりも自然。外傷などで毛根が消失してしまった瘢痕性(はんこんせい)脱毛症にも対応が可能な点も植毛のメリットです。

aga治療の効果

せっかく治療を受けるのであれば、しっかりと効果が欲しいところ。AGA治療の効果とはどのようなものなのか、またどのくらいの期間で効果を感じることができるのか。気になるAGA治療の効果についてご紹介します。

aga治療の効果はどのようなものですか?
AGA治療では、AGAの根本原因を改善したり、発毛効果を促進したりする効果が期待できます。ただし、治療効果は治療方法により異なります。それぞれの効果やリスクについては、医師とよく相談した上で治療方法を選択しましょう。
aga治療の効果はどのくらいの期間で現れますか?
投薬治療の場合、効果が出るまでの目安は3ヶ月~1年程度と言われています。より効果を高めたい場合や早く効果を実感したい場合は、複数の薬を組み合わせて服用するのも良いでしょう。

aga治療の費用や期間

AGA治療の費用や期間は、治療方法によって異なります。治療方法ごとの費用と期間についてご紹介します。なお、実際の治療費用や期間についてはクリニックや患者の状況によって異なりますので、治療を受ける際には事前に医師に確認しておきましょう。

aga治療はどのくらいの期間必要ですか?
AGA治療のメインである投薬治療の場合、効果を感じる期間は短い場合で3ヶ月、6ヶ月続ければ多くの人が効果を実感すると言われています。ただし、年齢や状況によって個人差がありますのでご留意ください。 なお、改善は見られても、残念ながらAGAは完治しません。効果を持続させるには、継続的な治療を行っていくことがポイントです。
aga治療の費用はどのくらいかかるか教えてください
内服薬治療の場合は、薬の種類にもよりますが、月々4000~1万3000円程度、外用薬の場合は月々5000~2万円程度が相場です。複数の薬を組み合わせた場合は、その分費用も大きくなります。おおよそ月々1万5000~3万円が治療費の目安と言えるでしょう。 注入療法の場合は、1回につき5万~20万円、植毛の場合は1回につき50万~300万円と高額な費用がかかる傾向にあります。

より効果のあるaga治療法

より効果のあるaga治療法 一般的な治療よりもより効果が高いと言われているのが再生医療を使ったAGA治療法です。代表的な治療法とその費用についてご紹介します。

再生治療を使ったのaga治療について教えてください
再生医療を使ったAGA治療には、幹細胞再生治療とPRP毛髪再生療法があります。 幹細胞再生治療は、専用機器を使ってお腹やお尻、太腿から採取した移植用の成熟脂肪細胞と幹細胞をさせ、頭皮に注入移植。これにより脂肪前駆細胞が活性化し、成長因子が分泌されて毛包幹細胞に作用します。その結果、毛髪が成長期へと移り、発毛が促される仕組みです。 PRP毛髪再生療法は、血液中の血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用して、治癒力を高めることでAGAにアプローチする治療法です。成長因子は、頭皮において毛髪の生成を促す役割を持っています。PRPとは多血小板血漿のことで、血小板を濃縮したもののこと。これを直接注入することで細胞の増殖を促進し活性化させて、毛母細胞の生成と成長を促します。PRP毛髪再生療法では、ヘアサイクルの乱れを改善させる効果も期待されています。
再生医療を使ったaga治療の費用について教えてください
再生医療を用いたAGA治療は、一般的な治療と比べて高価です。幹細胞再生治療の場合は150万円程度、PRP毛髪再生療法の場合は16万円程度が相場。なお、費用は手術内容や治療範囲、患者の状態によって異なります。クリニックによっても大きく差が出る場合もあります。

編集部まとめ

AGA治療は、一般的には内服薬や外用薬による治療法が用いられます。投薬治療の場合は、AGAの根本原因にアプローチすることで薄毛の改善効果が期待できます。3ヶ月~1年程度で効果を実感できることが多いでしょう。投薬治療以外にも、注入療法や植毛、再生医療を用いた治療も選択できます。治療方法によって、効果や費用も異なりますので、自分に合った治療方法を選びましょう。

参考文献

この記事の監修歯科医師
高藤 円香医師(自衛隊阪神病院)

高藤 円香医師(自衛隊阪神病院)

防衛医科大学校卒業 / 現在は自衛隊阪神病院勤務 / 専門は皮膚科

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP