注目のトピック

再生医療

再生医療で若返りを目指す|治療の概要・効果・メリット・デメリットなどを解説

再生医療で若返りを目指す

自身の体の組織や細胞を使って機能を回復させる再生医療。それまでは不可能とされていたケガや病気の治療も、新たな技術によって実現が可能になりました。

その画期的ともいえる再生医療が今、美容の分野でも注目され始めています。

加齢による肌の老化を改善するため、自身の細胞を利用し再生させるというものですが、いったいどのような治療なのでしょうか。

ここでは再生医療による若返り治療について、その特徴や費用などの情報を詳しく説明していきます。

再生医療による若返り治療について

再生医療による若返り治療について

再生医療による若返り治療とはどのような治療ですか?
20歳を超えると肌細胞は急激に減っていき、50歳を過ぎるとその数は、若いときの約3分の1にまで減少するといわれています。
そこに乾燥や紫外線といったダメージが加わり、肌はどんどん老化してしまうのです。表皮と皮下組織を支えている力が衰えることで、肌はたるみ、コラーゲン線維の不足でしわが生じます。
再生医療による若返り治療は、たるみやしわなど肌の気になる部分に自身の細胞を直接注入して細胞を補充することで、肌の機能を改善していくというものです。
治療時には麻酔を使うので痛みを感じることもありません。
再生医療による若返り治療を受けるとどのような効果が期待できますか?
再生医療で改善が期待できるのは、目じりのしわ・ほうれい線・首のしわの他、以下のような症状です。

  • 眉間のしわ
  • 額のしわ
  • 目の下の小じわ・たるみ
  • ゴルゴライン
  • マリオネットライン
  • 手の指・甲のしわ

上記のような気になる部分に再生治療を施すと、減少した肌細胞を補充することができます。
肌細胞が増えることでコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンが再生成され、肌のハリやしわの改善・老化の進行を抑える働きが生まれるのです。
笑うと目立ってしまう目尻や口元のしわ・加齢による手や首のしわに、肌の表面だけではなく内側の細胞に作用してくれます。自分自身の細胞による再生で、これらの悩みが解消できるなら、これほど嬉しいことはないでしょう。

他の美容医療との違いは何ですか?
肌のハリ・しわの改善などのために肌にメスを入れたり、異物を注入したりするような他の美容医療とは異なり、自身の細胞の力で肌を再生させます。そのため安全性が高く、感染症のリスクもありません
また副作用の心配も少なく、持続期間が長いのも特徴です。ただ、若返りのための再生医療を受ける際に、注意しなくてはいけないこともあります。
再生医療を提供しようとする病院・クリニックは、厚生労働省に治療提供計画を提出して、計画番号を取得する必要があります。
厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会で治療の妥当性・安全性・医師体制などを認めてもらわなければ、治療を行うことはできません。ですから、病院・クリニック選びは慎重になる必要があります。
認可されている病院・クリニックは、サイト上にその旨が記載されていることが多いので、事前にしっかりチェックしましょう。
再生医療による若返り治療の種類について教えてください。
若返りのための再生治療には、以下のようなものがあります。

  • PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法):PRPとはPlatelet Rich Plasma(多血小板血漿)の略です。血小板は止血・組織修復に役立ちますが、組織修復の際にはEGF(上皮成長因子)・FGF(線維芽細胞成長因子)などの多様な成長因子を発します。
    その成長因子の働きで、コラーゲンを増やして肌組織を再生させる療法です。自身の血液からPRPを作製し、肌の気になる部分に注射をして、もともと持っている修復力を引き出します。
  • 自己脂肪由来間葉系幹細胞治療:腹部より採取した脂肪から培養した、脂肪由来の間葉系幹細胞を使って治療をするものです。肌の気になる部分に間葉系幹細胞を直接注射することで若返りの効果が期待できます。
    培養する工程で、細胞と血清の一部は窒素タンクに保管されます。採取から1年以内であれば、凍結された細胞を解凍して再度培養し、治療に使用できるのが利点でしょう。
  • 幹細胞上清液(エクソソーム):老化した細胞の活性化・再生に欠かせない物質がエクソソームです。成長因子(サイトカイン)やエクソソームなどを豊富に含んだ培養液を加工して幹細胞培養上清液を作ります。
    その幹細胞培養上清液が、点滴・ダーマペン・水光注射によって体内に摂り入れられ、肌を再生させるのです。
  • 間質血管細胞群(Stromal Vascular Fraction:SVF)再生医療:間質血管細胞群とは、皮下脂肪組織から脂肪細胞を取り除き、脂肪由来幹細胞などで構成された細胞です。
    下腹部・お尻・太ももから脂肪組織を約75ml吸引して採取します。SVFを患部に注入することで肌の若返り治療をするものです。
  • ACRS療法(自己血サイトカインリッチ血清):サイトカインとは、血液から成長因子と抗炎症性サイトカインを高濃度に増加させて抽出した血清のことです。皮膚に注入することで、肌の再生を促します。

再生医療による若返り治療のメリット・デメリット

再生医療による若返り治療のメリット・デメリット

再生医療で若返り治療を受けるメリットを教えてください。
幹細胞と呼ばれる自身の細胞を使って肌の再生治療ができるため、コラーゲン注射・ヒアルロン酸注射・ボトックス注射に比べて、施術後は自然な仕上がりです。
安全性の高い治療のため、アレルギーや感染症のリスクもほとんどありません。また副作用も少なく、重篤な副作用の報告はないといわれています。さらに自身の肌細胞により皮膚が再生されるため、異物を注入する治療よりも効果が長期にわたって持続します。
再生医療で若返り治療を受けるデメリットはありますか?
安全性が高く持続期間が長い反面、他の美容治療に比べて効果が現れるまで時間がかかります。個人差はありますが、治療効果が出るまで数ヶ月かかる場合もあるのです。
また、効果の現れ方も人それぞれです。費用が高額である点もデメリットといえるでしょう。
気をつけるべき点は病院選びです。医療機関は再生医療という先進的な治療を行うために、厳しい審査を通過して初めて厚生労働省に治療計画を提出できます。
ですからどこの病院でもよいというわけではなく、治療を安全に受けるためには、きちんと認可を受けているかどうかを事前に調査する必要があるのです。

再生医療による若返り治療の施術について

再生医療による若返り治療の施術

再生医療による若返り治療の流れを教えてください。
PRP注入療法の流れは以下の通りです。

  1. 洗顔または顔の拭き取り
  2. 採血
  3. PRP作製(採血した血液を遠心分離機にかけ、専用のキットを使用し、炎症を起こす白血球が少ないPRPを作製)
  4. PRPを治療部位へ注射

間質血管細胞群(SVF)再生医療の治療の流れは以下の通りです。

  1. 下腹部・お尻・太ももなどの目立たない箇所を小さく切開し、脂肪組織を吸引
  2. Q-graft(キューグラフト)という専用機器で脂肪細胞を採取し分離して濃縮する
  3. 治療箇所に注入

ACRS療法(自己血サイトカインリッチ血清)の治療の流れは以下の通りです。

  1. ACRS(自己血サイトカインリッチ血清)を作るため、血液を採血(約20ml)
  2. 血液を特殊な容器に入れて約37℃で3時間くらい温める(血小板から大量のサイトカインが発するのを誘発させるため)
  3. 血液を遠心分離器に移して、血清中に浮遊している血小板の抜け殻・血小板・血球成分を下に落とし込んで血清を採取する。
  4. 採取した血清には一切の不純物が含まれないよう、細胞ろ過フィルターで全て取り除き、炎症性サイトカインと成長因子を採取する。(ACRSの完成)
  5. 治療部分に注入(ACRSは冷凍保存が可能です。血清の保存期間は2ヶ月で、抽出できる量には個人差がありますが、4〜5ml抽出できた場合は2回に分けて施術を受けることも可能になります。)
再生医療で若返り治療を受けるとダウンタイムはどれくらい必要ですか?
人によっては治療の直後から数日間は軽い痛み・腫れ・内出血を生じることがありますが、その症状には個人差があります。

  • PRP注入療法:術後の腫れは2~3日です。
  • 間質血管細胞群再生医療:脂肪組織の吸引時には麻酔をするので痛みはありませんが、術後は吸引部に数日間、腫れや痛みが現れることがあります。また皮下出血もみられる場合がありますが、徐々に消えていきます。
  • ACRS療法(自己血サイトカインリッチ血清):施術中は麻酔をするので痛みはありません。術後に腫れ・痛み・赤みが現れる場合がありますが、数日間で改善されます。
  • 幹細胞上清液(エクソソーム):点滴で治療を受けた場合はダウンタイムがありません。ダーマペンや水光注射での施術の場合、術後に赤みが出ることがありますが、数日間で治まります。
再生医療で若返り治療を受けるときに健康保険は適用されますか?
自由診療のため健康保険適用外になります。
たとえ安全性や有効性が認められていても、始まって間もない治療法です。保険診療として国から認められるためには審査が必要で、それには長い時間がかかってしまうのです。
再生医療による若返り治療の費用相場を教えてください。
医療機関により費用は異なります。また治療内容によって若干、料金が変わる場合もありますので、施術前にしっかり確認しておきましょう。

  • PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法):1ヵ所 ¥30,800~(税込)
  • エクソソーム(幹細胞上清液): ¥29,700~(税込)
  • ACRS療法(自己血サイトカインリッチ血清):顔全体 1回 ¥165,000~(税込)

編集部まとめ

編集部まとめ

再生する力を持った幹細胞の働きによって肌を若々しく蘇らせてくれる再生医療は、これまでにない画期的な治療といえるでしょう。

自分自身の細胞だけを利用するため、拒絶反応等や副作用のリスクは極めて低く、自然な形で効果が現れてくれるのも魅力です。

再生治療を受けて若さを取り戻すことができれば、久しぶりに会う友人との再会にも、きっと笑顔で向かうことができるでしょう。

再生医療による若返り治療は、エイジングケア対策として選択肢のひとつになっていくかもしれません。

しかし安全性が高く持続期間が長い反面、効果が現れるまでは時間がかかります。

また新しい治療法のため、国から認可をもらって万全の体制を取っている病院・クリニックは、まだ少ないのが現状です。

ですから、若返りのための再生医療を受けたいと思ったときには、医療機関の情報をしっかり調査することが大切になります。

認可の有無はもちろんのこと、施術実績まで調べたうえで受診するのが安全でしょう。

参考文献

この記事の監修歯科医師
山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

京都府立医科大学医学部医学科 卒業 / のべ10年以上の美容皮膚科勤務を経て、現在はくみこクリニック北山院に勤務している。コロナ以前は、大阪医専にて、医療従事者の教育にも関わった経験がある。

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-634