注目のトピック

再生医療

再生医療の問題点とは?再生医療の費用面の課題から対策まで徹底解説!

再生医療の問題点とは?

再生医療は、様々なメリットやデメリットを抱える医療です。本記事では再生医療の問題点ついて以下の点を中心にご紹介します。

  • 再生医療とは
  • 再生医療の問題点は何であるのか
  • 再生医療を受けるためには

再生医療の問題点について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

再生医療とは

再生医療とは

再生医療の概要を教えてください。
そもそも再生医療とは、我々の体内に存在する幹細胞を培養増殖させ、培養が完了した細胞をまた体内に戻してあげることで、機能などが障害を受けた組織や臓器の修復をすることができる療法です。幹細胞は、死滅してしまった細胞を回復する際に役立つ細胞であり、再生医療の際には必ず使用されます。
再生医療のメリットを教えてください。
再生医療は、損傷を受けた組織や臓器を修復する療法であるため、メリットもいくつか存在します。
まず、再生医療を用いた治療実績が豊富であるということです。幹細胞を用いることで、損傷を受けた様々な部位の回復を試みることができます。そのため治療実績も多いため、治療法の確立もなされていることから、患者自身が安心して受けることのできる体制が整っているといえます。
また、再生医療は副作用の少ない治療方法となっています。培養し移植する細胞は、患者自身の体内や皮膚から採取した幹細胞を使用するため、患者自身の身体と拒否反応の起きる確立が非常に低く、人体に新たな危険が生じる恐れも少ない治療法となっています。
病気や症状は人それぞれですが、仮に慢性的に続く痛みなどがあった場合、再生医療を行うことで薬を用いても改善できなかった慢性的な痛みが根治できる可能性があります。
再生医療のデメリットを教えてください。
以上で再生医療のメリットについて説明してきましたが、デメリットもあります。
再生医療といっても、用いる細胞や、修復する組織や臓器は個々人で異なります。そのため、治癒期間が個々人でばらつきがあったり、場合によっては患者自身が効果を感じないと思う可能性もあります。
再生医療は、保険適応対象外であるため、自己負担での治療となってしまいます。そのため、時には多くの費用がかかる場合もあり、医者としっかり相談した上で決定する必要があると思われます。

再生医療の問題点とは

再生医療の問題点とは

再生医療の問題点を教えてください。
再生医療は、自身の幹細胞を培養増殖させ、身体に移植することで成り立つ仕組みとなっている治療方法です。しかし、移植した後、組織や臓器において機能不全に陥る危険性が全くないとは言い切れません。また、機能不全に陥ってしまった場合には、薬による治療では十分とはいえず、新たに臓器移植をする必要性が出る可能性があります。
再生医療の費用はどうして高くなってしまうのですか?
回再生医療は、個々人の細胞を用いて、組織や臓器の修復を促す治療法です。そのため、保険適応のできる治療法ではなく、自費診療になってしまうため、患者個人によって異なりますが、高額になることがほとんどであるといった難点もあります。
再生医療で保険の適用になっているものを教えてください。
ただ、再生医療であっても保険適用することのできる対象もあります。第一に、造血幹細胞移植を行う場合です。再生不良性貧血や白血病などの影響により、正常な血液を作り出すのが難しい場合に、造血幹細胞の培養増殖と移植を行うことで改善を図る治療法です。もちろん保険適用の治療になるので、15万程度に費用を抑えることができるとされています。
次に、脊髄再生医療です。脊髄を損傷してしまった場合に、同じく幹細胞を培養増殖し移植をすることで、脊髄の再生を図る治療方法となっています。

再生医療を受けるために

再生医療を受けるために

再生医療の費用をなるべく抑える制度はありますか?
再生医療は、患者個々によって異なる費用がかかりますが、高額になるケースが多いとされています。そのため、高額医療費制度を用いることで、治療にかかった自己負担額を減らすことができます。高額医療制度では、自己負担の限度額が、病院を受診した月に負担した費用額を上回っていた場合に適用されるといった仕組みになっています。
再生医療はクレジットカードは使えますか?
再生医療において、クレジットカードの使用は可能です。また、様々な種類のクレジット会社に対応していますので、費用面を考慮した上で、自身に最適なクレジットを選択すると良いでしょう。
再生医療は医療ローンの対象になりますか?
再生医療の医療ローンに関して、ローンの対象になるかどうかは医療機関によって異なります。医療ローンを組んで支払いをすることを考えている場合であれば、医療ローンの対象となる医療機関であるかどうかの確認をした上で、治療にのぞむと良いと思われます。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで再生医療の問題点についてお伝えしてきました。要点をまとめると以下の通りです。

  • 再生医療とは、自身の幹細胞を培養増殖し、移植することで組織や臓器を修復する治療法である
  • 再生医療では、細胞を移植した後に、組織や臓器が機能不全になる可能性もあるため、新たに臓器移植をする必要性が生じる可能性がある
  • 再生医療は、高額医療制度を用いて費用をおさえたり、医療ローンを組んで分割払いにできる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

注目の記事

RELATED

PAGE TOP