注目のトピック

再生医療

ヒト幹細胞培養液とは?安全に使えるの?どんな効果が期待できるのか徹底解説!

ヒト幹細胞培養液

ヒト幹細胞培養液とはなんでしょうか?本記事ではヒト幹細胞培養液について以下の点を中心にご紹介します。

  • ヒト幹細胞培養液とは?
  • ヒト幹細胞培養液の種類について
  • ヒト幹細胞培養液を選ぶ際の注意点

ヒト幹細胞培養液について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

そもそもヒト幹細胞培養液とは?

そもそもヒト幹細胞培養液とは?

ヒト幹細胞培養液は、人の脂肪由来の幹細胞を培養する過程で生じる成分で、細胞自体ではなく、その培養過程での分泌物です。この液体は、真皮層の真皮幹細胞を刺激し、肌の活性化を助ける特性を持っています。このため、エイジングケアとしての効果が期待され、多くの美容製品に利用されています。一般に「幹細胞成分」や「幹細胞エキス」として知られるものは、実際にはこの培養液を指します。日常のスキンケアに取り入れることで、肌の再生やハリ、潤いの向上などの効果が期待される成分であり、多くの「幹細胞コスメ」に含まれています。

幹細胞培養液の種類

幹細胞培養液の種類

幹細胞培養液にはどんな種類があるのでしょうか?

動物由来幹細胞

動物由来の幹細胞培養液は、主に羊、ブタ、馬などの胎盤から得られる幹細胞を使用しています。これらの動物の幹細胞は、ヒトの皮膚幹細胞と似た構造を持つとされ、肌の活性化効果が期待されています。しかし、使用にはリスクも伴います。特にアレルギー反応の可能性が指摘されており、その安全性に疑問が持たれています。さらに、動物の飼育環境や原料の取得方法に関する衛生的な懸念もあり、これが日本での流通が限られている一因となっています。

植物由来幹細胞

植物幹細胞は、その高い抗酸化能力と保湿性から、化粧品の成分として人気があります。これらの幹細胞は、植物の成長をサポートする部分、例えば種子の胚や根の先端などに多く見られます。植物由来の幹細胞は、動物由来のものよりもアレルギーリスクが低いとされ、安全性が高いと認識されています。ただし、ヒトの幹細胞とは異なる構造を持つため、その効果は一部に限られるともいわれています。それでも、抗酸化や保湿の効果を求める方や、動物成分を避けたい方には、植物幹細胞を含む製品が推奨されています。

ヒト由来幹細胞

ヒト由来の幹細胞培養液は、人間の脂肪細胞から抽出された幹細胞を培養する過程で生成される液体です。この液体は、幹細胞が分泌する多様な活性成分を豊富に含んでいます。 特に、人間の細胞表面に存在する「レセプター」という特定の受容部位に作用するリガントや成長因子がこの培養液には多く存在しています。これにより、細胞の活性化や再生を促進する効果が期待されています。 美容分野では、この培養液が化粧品の成分として利用されることが増えてきています。特に、培養液からさらに選択的に有効成分を抽出した「幹細胞培養上清液」は、より高い純度と効果を持つと期待されています。

ヒト幹細胞培養液とは

>ヒト幹細胞培養液とは

ヒト幹細胞培養液とはどのように作られて活用されるのでしょうか?

ヒト幹細胞培養液の作り方

ヒト幹細胞培養液の製造は、特定の最新技術を駆使して行われます。細胞は、ローリングボトル式の培養容器を使用し、3次元的な環境で培養されることで、細胞が自然の状態に近い形での成長が可能となります。 この培養過程では、細胞が最も活発に成長する環境を模倣し、適切な酸素、温度、湿度の中で、生体内での自然な刺激を模した振動や刺激が細胞に与えられます。このような特別な刺激は、幹細胞から多くの有効成分や成長因子を効率よく分泌させるために必要です。 多くの製造方法では、2次元の平面上で細胞を培養するのが一般的ですが、3次元的な刺激を与えることで、幹細胞からの成分の放出がより豊富になるとされています。 培養が一定期間終了した後、細胞自体は取り除かれ、その培養液だけがヒト幹細胞培養液として利用されます。この液体は、多くの活性成分を含んでおり、美容や医療の分野での利用が期待されています。

ヒト幹細胞培養液に期待できる効果

ヒト幹細胞培養液は、ヒトの皮下組織から得られる幹細胞を培養した際の上澄み液で、直接的に幹細胞を含むわけではありませんが、100種類以上の活性物質やサイトカインが含まれています。この成分は、肌のハリや弾力を向上させ、ターンオーバーを正常化し、保湿効果をもたらすとともに、メラニン生成を抑制する効果が期待されます。特に、真皮の幹細胞が活性化されることで、コラーゲンやエラスチンの生成が促され、肌のハリが向上します。一方、植物由来の幹細胞も利点がありますが、ヒトの肌との相性はヒト幹細胞培養液の方が優れています。この培養液は、エイジングケアに特に効果的で、乾燥やシワ、たるみなどの悩みを持つ人に特に推奨される成分です。日常のスキンケアに取り入れることで、健康的で若々しい肌を維持できます。

ヒト幹細胞培養液が効果が出るメカニズム

ヒト幹細胞培養液を活用したスキンケアは、肌の深層部である真皮層に働きかけることで、肌の若返りや健康をサポートします。具体的には、真皮層に存在する真皮幹細胞が線維芽細胞を増加させ、これが肌のハリや弾力に関わるタンパク質を生産します。さらに、表皮層の表皮幹細胞が新しい表皮細胞を生成し、肌の新陳代謝を促進します。 細胞の活性化には、特定のメカニズムが関与しています。細胞の表面には「レセプター」という受容体が存在し、これに適合する「リガンド」という物質が結合することで、細胞の活動が刺激されます。ヒト幹細胞培養液には、このリガンドとして機能する成長因子やサイトカインが豊富に含まれており、これによって細胞の活性化が促進されます。 一方、植物由来の幹細胞にはこのようなレセプターとリガンドの関係が確認されていないため、その効果にはまだ不明な点が多いとされています。

ヒト幹細胞培養液を選ぶ際の注意点

ヒト幹細胞培養液を選ぶ際の注意点

美容効果が期待できる事がわかりましたが、ヒト幹細胞培養液を選ぶ際の注意点をみてみましょう。

何由来の幹細胞かを確認する

幹細胞を含むスキンケア製品の選び方において、その由来が重要なポイントとなります。製品は主にヒト由来と植物由来の二つに分類されます。ヒト由来の幹細胞製品は、肌との相性が良く、効果的な結果が期待される一方で、価格が高めとなることが多いです。一方、初めて幹細胞製品を試す方や、予算を気にする方には、植物由来の幹細胞や、純粋な培養液ではないエキスを含む製品が手頃な価格で手に入りやすい選択となります。

成分に幹細胞そのものが入っていないか

幹細胞をフィーチャーしたコスメ製品の選び方において、実際の成分の確認は不可欠です。多くの製品は「幹細胞培養液」や「幹細胞エキス」を使用していますが、製品に直接的な「幹細胞」が含まれているとの表示は誤解を招く可能性があります。実際、日本の法律では、化粧品として幹細胞を直接配合することは許されていません。したがって、製品のラベルや成分表記を注意深く確認し、「幹細胞入り」との表示がある場合は慎重に取り扱うことが重要です。適切な知識を持ち、安全で信頼性の高い製品を選ぶためのガイドラインとして、これらのポイントを心に留めておくことをおすすめします。

まとめ

まとめ

ここまでヒト幹細胞培養液についてお伝えしてきましたヒト幹細胞培養液の要点をまとめると以下の通りです。

  • ヒト幹細胞培養液とは人の脂肪由来の幹細胞を培養する過程で生じる成分である
  • ヒト幹細胞培養液の種類にはヒト由来・植物由来・動物由来のものがある
  • ヒト幹細胞培養液を選ぶ際の注意点は何由来であるか確認することと、成分を確認して幹細胞そのものが入っていないか確認する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

京都府立医科大学医学部医学科 卒業 / のべ10年以上の美容皮膚科勤務を経て、現在はくみこクリニック北山院に勤務している。コロナ以前は、大阪医専にて、医療従事者の教育にも関わった経験がある。

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-634