注目のトピック

再生医療

幹細胞注射とは?幹細胞注射の治療法や副作用について徹底解説!

幹細胞注射とは?

幹細胞注射とはどのようなものなのか、期待できる効果や副作用などについて気になる方も多いのではないでしょうか。 本記事では、幹細胞注射について、以下の点を中心にご紹介します。

  • 幹細胞注射とは
  • 幹細胞注射の効果があらわれるまでの期間
  • 幹細胞注射を受ける前の注意点

幹細胞注射について理解するためにも、ご参考いただけると幸いです。

幹細胞注射の治療について

幹細胞注射の治療について

幹細胞注射とはどのような治療法ですか?
幹細胞注射とは、自身の体内から採取した幹細胞を培養・増殖させ、その後注射や点滴を用いて体内に戻す治療法です。 この治療法は、老化や損傷により衰えた細胞の回復や再生を促し、血管、関節、臓器の修復・改善に効果的とされています。 しかし、高度な技術と医療体制が必要で、厚生労働省が認めた特定再生医療等委員会に申請し、厳しい審査に合格したクリニックでしか治療を受けられません。 幹細胞注射には、成体幹細胞の中の間葉系幹細胞が主に用いられます。 間葉系幹細胞は、骨や脂肪、筋肉、血管、皮膚、内蔵組織や神経などの細胞にも分化する能力があります。 この治療法は、自身の幹細胞を使用するため比較的安全とされていますが、副作用やリスクが全くないわけではありません。 幹細胞を採取する際には、お腹などの目立たない部分を少し切開し、内出血や赤みがあらわれる場合があります。 また、まれに感染症やアレルギー症状が出ることもあります。
幹細胞注射はどのくらいの期間で効果が期待できますか?
幹細胞注射や点滴の効果があらわれるまでの期間は、個々の体質や治療内容によりますが、一般的には1ヶ月から12ヶ月程度とされています。 幹細胞は、体内の損傷した細胞を修復し、新たな細胞を生成する能力を持っています。 そのため、治療後に幹細胞が活動を開始し、細胞の修復や再生が進むにつれて、効果が徐々にあらわれます。 また、幹細胞治療は根本的な治療であるため、効果の持続期間は長期的となります。 ただし、治療の結果は個々の体質や症状、治療の種類や方法により異なるため、具体的な効果や期間については医師との相談が必要です。

幹細胞注射の対象者

幹細胞注射の対象者

幹細胞注射の対象者について教えてください
幹細胞注射は、肌を自然に若返らせたい方、シワやたるみ、目元の老化などの改善を望む方、また薄毛に悩む方におすすめです。 また、自身の幹細胞を使用するため、安全性について心配な方にも適しています。 ただし、この治療法は費用がかかるため、経済的な負担を考慮する必要があります。
幹細胞注射を受けられない人について教えてください
下記のような状況の方は、幹細胞治療を受けることが推奨されません。

  • 重度の心臓病や肺疾患を持つ方
  • 悪性腫瘍を持つ方
  • 妊娠中の方
  • 重度の感染症を持つ方
  • 自己免疫疾患を持つ方

これらの状況は、幹細胞治療が体に悪影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。 医師と相談し、適切な治療法を選択することが重要です。

幹細胞注射の副作用について

幹細胞注射の副作用について

幹細胞注射の副作用にはどのようなものがありますか?
幹細胞注射は、自分自身の細胞を使用するため、基本的に副作用はほとんどありません。 しかし、注射による赤みや内出血などの一時的な反応が起こる可能性はあります。 これらは通常、数日で自然に消失します。 しかし、何日も内出血が治まらないなどの心配な症状がある場合は、施術を受けたクリニックに相談することが推奨されています。 また、幹細胞注射によって他の病気を誘発するリスクが生じるのではないかという懸念もありますが、現在のところそのような事例は報告されていません。 それでも、リスクが全くないわけではないため、治療を受ける前に医師と十分にカウンセリングし、心配事や疑問を解消することが重要です。
幹細胞注射を受ける前の注意点について教えてください
幹細胞注射を受ける前に注意すべき点はいくつかあります。 まず、妊娠中、授乳中、小児、アレルギー体質の方、薬物へのアレルギーを持つ方は、慎重になる必要があります。 また、腎障害や肝障害のある方、重症筋無力症の患者、高齢者も注意が必要です。 これらの状態は、成分中のゲンタマイシンによる影響を考慮する必要があります。 さらに、インスリンに高感受性の方も注意が必要で、低血糖の恐れがあります。 幹細胞注射を受けられない方としては、アミノグリコシド系抗生物質(ゲンタマイシン)にアレルギーのある方、同じくゲンタマイシンによる難聴がある方、糖質摂取後も血糖値が100未満の方、その他医師が危険性を判断した場合が挙げられます。 また、治療は空腹時には行えませんので、必ず食事をとってから行うようにしてください。

編集部まとめ

編集部まとめ

幹細胞注射は、自己の体内から採取した幹細胞を用いて、体の様々な部位の修復や再生を促す革新的な治療法であり、老化や疾患による細胞の衰え、損傷の改善などが期待できます。 しかし、全ての人に適しているわけではなく、副作用の可能性もあります。 また、治療費用も考慮する必要があります。 幹細胞注射を受けるかどうかを決める前に、十分な情報を得て、医師と相談しましょう。 ここまで、幹細胞注射についてお伝えしてきました。 幹細胞注射の要点をまとめると、以下の通りです。

  • 幹細胞注射とは、自身の体内から採取した幹細胞を培養・増殖させ、その後注射や点滴を用いて体内に戻す治療法である
  • 幹細胞注射の効果があらわれるまでの期間は、一般的には1ヶ月〜12ヶ月程度とされている
  • 幹細胞注射を受ける際には、治療を受けられない場合があると理解すること、必ず食事をしてから治療を受けることが重要である

これらの情報が、少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

山下 真理子医師(くみこクリニック京都駅前院)

京都府立医科大学医学部医学科 卒業 / のべ10年以上の美容皮膚科勤務を経て、現在はくみこクリニック北山院に勤務している。コロナ以前は、大阪医専にて、医療従事者の教育にも関わった経験がある。

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP

電話コンシェルジュ専用番号

電話コンシェルジュで地域の名医を紹介します。

受付時間 平日:9時~18時
お電話でご案内できます!
0120-600-634