注目のトピック

再生医療

再生医療を選択するメリットとは?手術と再生医療はどちらがいいの?

再生医療 メリット

再生医療のメリットをご存じですか? 本記事では、再生医療のメリットについて以下の点を中心にご紹介します!

  • 再生医療が低侵襲といわれる理由
  • 体性幹細胞やES細胞、iPS細胞のメリット
  • 手術ではなく再生医療を選択することで得られるメリット

再生医療について理解するためにもご参考いただけると幸いです。 ぜひ最後までお読みください。

再生医療のメリット

再生医療のメリット

なぜ再生医療はリスクが少ないとされているのですか?
再生医療は、損傷した組織や臓器を修復または再生するための医療技術です。再生医療のリスクが少ないとされる理由はいくつかあります。
まず、再生医療では患者さん自身の細胞を使用することが多いため、移植した細胞が拒絶反応を引き起こすリスクが非常に低くなります。拒絶反応は身体が異物と認識した移植組織を攻撃する免疫反応ですが、自己の細胞を使用することで問題を回避できます。
次に、再生医療は身体への侵襲が少ないため、患者さんにとってより自然な治療法となり得ます。特に長期的な治療が必要な慢性疾患の患者さんにとって、大きなメリットとなります。
さらに、再生医療は患者さんの生活の質を向上させる可能性があります。損傷した組織や臓器の機能を回復させることで、痛みの軽減や機能の改善が期待できます。これにより、患者さんは日常生活をより快適に過ごせる可能性があります。
再生医療は、薬で改善できなかった痛みを改善できるとされていますか?
再生医療は、従来の治療法で改善が見られなかった痛みを改善する可能性があります。例えば、変形性膝関節症などの関節痛の痛みの軽減や関節機能の改善をもたらす可能性があります。
再生医療の中でも、PRP(多血小板血漿)療法や幹細胞治療が注目されています。これらの治療は、患者さんの血液や脂肪から抽出した細胞を損傷部位に注入することで軟骨の修復や炎症の抑制を図ります。特にPRP療法は、血液から抽出した血小板の濃縮液を注射することで自然治癒力を利用し、すり減った膝軟骨にアプローチします。これにより、痛みの緩和や軟骨の修復が期待できるのです。
さらに、再生医療は手術を必要としないため全身麻酔による負担や長期間のリハビリが低減する可能性があります。
しかし、再生医療はまだ新しい治療法で保険適用外の自由診療が多いため、費用が高額になることがあります。
再生医療の治療は入院が必要ですか?
再生医療の治療において入院が必要かどうかは、治療の種類や患者さんの状態や治療を行う医療機関の方針によって異なります。再生医療には様々な手法があり、多くは外来での治療が可能です。例えば、皮膚の再生治療や一部の軟骨治療などは日帰りで行える場合が多いです。
しかし、一部の再生医療ではより複雑な手術が必要となる場合や、治療後の経過観察が必要な場合には短期間の入院が必要になることがあります。たとえば膝軟骨の再生治療のように、培養した軟骨を移植する際には全身麻酔を用いた手術と、1か月程度の入院が必要となることがあります。再生医療を受ける際には、治療内容や治療後のケア、入院の有無などについて事前に医師と十分に相談することが重要です。治療を提供する医療機関によっては、入院施設を持たないクリニックもありますので、治療の計画を立てる際にはその点も考慮に入れましょう。
再生医療の治療は痛いですか?
再生医療の治療における痛みは治療の種類や個人の感じ方によって異なりますが、多くの場合、痛みは軽度であるとされています。再生医療には様々な手法があり、細胞や組織を採取する際に痛みを伴うものもありますが、痛みは一時的なもので治療後には和らぐことが多いようです。
例えば、脂肪由来の幹細胞を用いた治療では脂肪を採取する際に局所麻酔を使用するため、痛みを感じる場所は採取部位のみに抑えられます。採取後の痛みも、多くの場合は数日以内に軽減または消失すると報告されています。また、PRP(多血小板血漿)療法のような治療では、採血後に血液から特定の成分を分離して患部に注入するため、採血時のわずかな痛み以外に大きな痛みを感じることは少ないといわれています。
治療後の痛みに関しても、再生医療は侵襲が少ないため回復期間中の痛みも軽減される傾向にあります。治療によっては一時的に痛みや腫れが生じることもありますが、これは自然治癒過程の一部と考えられ、通常は短期間で改善します。

細胞別のメリット

細胞別のメリット

体性幹細胞のメリットは何ですか?
体性幹細胞は人間の体内に自然に存在する細胞で、再生医療において重要な役割を果たしています。体性幹細胞のメリットは以下の通りです。

  • 侵襲性が低い: 体性幹細胞は患者さん自身の身体から採取されるため、移植時の拒絶反応や副作用のリスクが非常に低いとされています。
  • 多様な治療に応用可能: 体性幹細胞は、血液細胞や皮膚細胞、神経細胞など、様々な種類の細胞に分化する能力を持っています。これにより、さまざまな疾患や損傷に対する治療に応用できます。
  • 自己治癒力の活用: 体性幹細胞は人間の自己治癒力を支える細胞であり、損傷した組織や臓器の修復を効率的に行えます。これにより自然な治癒過程を促進し、健康な組織の再生を助けます。
  • 倫理的な問題が少ない: 体性幹細胞は倫理的な問題が少なく、研究や治療において広く受け入れられています。倫理的な議論が少ないため、研究が進めやすいという利点があります。

これらのメリットにより、体性幹細胞は再生医療の分野で非常に有望な細胞とされており、今後の医療技術の進展に大きく貢献することが期待されています。

ES細胞のメリットは何ですか?
ES細胞、または胚性幹細胞は、多能性という特性により、医学研究と再生医療の分野で非常に重要な役割を果たしています。ES細胞のメリットは以下の通りです。

  • 多能性: ES細胞は、身体を構成するほぼすべての種類の細胞に分化する能力を持っています。これにより、損傷した組織や臓器の修復、さまざまな疾患の治療に応用することが可能です。
  • 増殖能力: ES細胞は適切な条件下でほぼ無限に増殖できるため、必要な量の細胞を研究や治療に利用できます。
  • 研究の進展: ES細胞は長い間研究されており、特性や挙動に関する知識が豊富に蓄積されているため、新しい治療法の開発や疾患の理解が進むことが期待されます。
  • 疾患モデルの作成: ES細胞を使用して特定の疾患を持つ患者さんの細胞と同様の状態を作り出せるため、疾患のメカニズムの解明や新薬の開発に役立ちます。
iPS細胞のメリットは何ですか?
iPS細胞または誘導多能性幹細胞は、再生医療において非常に重要な役割を果たす細胞です。iPS細胞のメリットは以下の通りです。

  • 体細胞から作製可能: iPS細胞は患者さん自身の体細胞、例えば皮膚細胞や血液細胞から作製できます。これにより、拒絶反応のリスクが非常に低くなります。
  • 多能性: iPS細胞は、身体のあらゆる種類の細胞に分化する能力を持っているため、様々な組織や臓器の細胞を作り出すことが可能です。
  • 再生医療への応用: iPS細胞は、病気や怪我によって失われた機能を回復させる再生医療に利用されます。例えば糖尿病の患者さんに対して血糖値を調整する能力を持つ細胞を提供したり、神経損傷があった場合には神経細胞を移植したりすることが考えられます。
  • 病気の原因解明と新薬開発: iPS細胞は、病気の原因を解明したり新しい薬の開発にも役立ちます。難治性疾患の患者さんの体細胞からiPS細胞を作り、特定の細胞に分化させることで、病気のメカニズムの研究や新しい治療法の開発に貢献します。
  • 倫理的な問題が少ない: iPS細胞は受精卵を使用しないため、倫理的な問題が少なく、研究が進めやすいという利点があります。

手術ではなく再生医療を選択することで得られるメリット

手術ではなく再生医療を選択することで得られるメリット

再生医療は侵襲が少ないですか?
再生医療は、患部や病気の治療において侵襲性が低いという大きなメリットがあります。侵襲性が低いとは、身体への負担が少なく、回復が早いことを意味します。以下に、再生医療を選択することで得られる主なメリットを説明します。

  • 小さな傷口: 再生医療では細胞や組織を注入する際に小さな針を使用することが多く、大きな切開を必要としないため傷口が小さく済みます。これにより、感染のリスクが減少し、見た目の回復も早くなります。
  • 短い回復期間: 身体への負担が少ないため再生医療後の回復期間が短くなる傾向があり、日常生活への復帰が早くなるという利点があります。
  • 痛みの軽減: 再生医療は痛みを伴う手術を避けられるため、治療後の痛みは少ないといわれています。
  • 機能の改善: 再生医療は、損傷した組織や臓器の機能を改善することを目的としており、手術では取り除くことしかできない病変に対して組織の再生を促進できます。
  • 再発のリスク低減: 手術では取り除けない微細な病変も、再生医療によって修復することが可能です。これにより、病気の再発リスクを低減することが期待されます。
日常生活への影響は再生医療の方が少ないですか?
再生医療は、患者さんの日常生活への影響を抑えられる治療法として注目されています。
再生医療は傷が小さいため治療後の回復期間が短く、早期に日常生活に戻れることも期待されています。
再生医療は何度でも受けられますか?
再生医療は何度でも受けることが可能な治療法で、患者さんの生活の質を維持しながら治療を受けられるでしょう。
ただし、再生医療が適用できる病状や損傷は限られており、治療法の選択についてはしっかりと医師の診断を受けることが大切です。
また、再生医療による影響について継続的な研究が必要です。患者さん自身も、治療法の選択にあたっては十分な情報を得て、医師との相談を重ねることが大切です。

編集部まとめ

編集部まとめ

ここまで再生医療のメリットについてお伝えしてきました。 再生医療のメリットの要点をまとめると以下の通りです。

  • 再生医療は侵襲性が低く、患者さんの負担を軽減しながら機能の回復を目指す治療法である
  • 体性幹細胞のメリットは侵襲性が低く多様な治療に応用可能であり、自己治癒力の活用が可能であること。ES細胞は多能性および増殖能力があること。iPS細胞のメリットは上記に加えて病気の原因解明と新薬開発に役立つ可能性があること、また倫理的な問題が少ないこと
  • 再生医療を活用した治療は、日常生活への影響が少ないとされる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事の監修歯科医師
松澤 宗範医師(青山メディカルクリニック院長 慶応義塾大学病院形成外科)

松澤 宗範医師(青山メディカルクリニック院長 慶応義塾大学病院形成外科)

2014年3月 近畿大学医学部医学科卒業 2014年4月 慶應義塾大学病院初期臨床研修医 2016年4月 慶應義塾大学病院形成外科入局 2016年10月 佐野厚生総合病院形成外科 2017年4月 横浜市立市民病院形成外科 2018年4月 埼玉医科総合医療センター形成外科・美容外科 2018年10月 慶應義塾大学病院形成外科助教休職 2019年2月 銀座美容外科クリニック 分院長 2020年5月 青山メディカルクリニック 開業

記事をもっと見る

注目の記事

RELATED

PAGE TOP